コラム

 公開日: 2014-09-09 

マナーうんちく話799《上品で美しい食べ方⑧「会席料理」(蒸し物・酢の物》》

料理は先ず火を使用することから始まりますが、水を加熱して、発生した湯気を利用して加熱する調理が蒸し料理です。

中国や日本では昔から、杉やヒノキや竹などで作った「せいろ」で食材を蒸してきたわけですね。

そして蒸し物でおなじみの料理は「茶碗蒸し」「土瓶蒸し」「かぶら蒸し」などです。
素材を蒸しあげた料理ですが、仕上げに供される場合が多いようです。

ちなみに、食欲の秋を控え、松茸の土瓶蒸しを思い浮かべる人も多いと思いますが、それに関しては《マナーうんちく話606「松茸と土瓶蒸しの食べ方」》をご覧ください。

ここでは蒸し物の代表である「茶碗蒸し」に触れておきます。
茶碗蒸しは今から200年前に登場されたと言われていますが、どれが茶碗蒸しの起源か明確な根拠は不明です。

茶碗蒸しの頂き方ですが、蒸し料理は兎に角熱いです。
従って先ず熱さを確認して下さい。
手に持てるか、持てないか等です。

そして蓋つきで出される場合が多いので蓋を取る時には、水滴がたれないように内側で止めて、水けを切って下さい。
蓋はお膳の外に両手で置きます。
複数の蓋があっても重ねないでくださいね。

箸で食べ難いので、最近はスプン(小さじ)がつく場合が多いですが、スプンで器をなぞるように円を描きます。
勿論、箸でも頂くことはできますので、箸で頂く場合もこの方法を応用して下さい。

具を食べ終わったら、卵はかき混ぜてもOKです。
昔は、茶碗蒸しは吸い物の代わりに供されていたので、最後の汁は口を付けていただいても構いません。

あるいはスプン(小さじ)ですくって、懐紙を添えて頂く方法もあります。
熱くなければ器を持って頂いても構いません。
この際、両手で器を取って左手に乗せます。次にスプン(小さじ)を取ります。

「酢の物」は土佐酢や三杯酢で、野菜や海藻、あるいは海老等の魚介類を和えたものです。

綺麗に盛られた酢のものは目にも鮮やかで、この料理を頂くと急に口あたりがさっぱりしますので、お口直しの意味もあります。

小鉢で上品に盛られている場合が多いので、目で味わい、器を手に持って、品良く食べて下さい。
往々にして、二口から三口で頂ける場合が多いですね。

酢の物で食べ難い物は、「モズク」や「ジュンサイ」ですが、これは箸ですくって食べても良いとされる、例外の料理です。
最後の汁は口を付けてもOKです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1415《上司から嫌な仕事を頼まれた。どうする?》

「1月はいぬる、2月は逃げる」と言いますが、1月2月は何かと多忙で、あっという間に時間が経過するのでこのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ