コラム

 公開日: 2014-09-01 

マナーうんちく話795《長月と小さい秋》

不順な天気が続いた8月でしたが、空を見ると夏から秋へと季節が移ろうのが感じられます。
まだ暑さは残っていても、気持ちの上では季節が移り変わるものですね。

佐藤ハチローの「小さい秋見つけた」という曲がありますが、これから至る所で秋の気配を感じるようになってきます。

先ず、9月は「長月」とも言われるように、次第に夜が長くなります。
さらに、風が吹く度に稲穂がそよぐ風景に出合う頃です。

「実るほど首を垂れる稲穂かな」と言われますが、稲が実って、次第に穂が垂れて来るということですが、偉くなっても謙虚さを忘れてはいけませんよ!という教えです。

ちなみに、稲は田植えから約100日で穂が出て花が咲き、自家受粉して私たちが食している米を実らせます。

今は稲にとって大切な時期ですが、心配なのは、そよぐ風ではなく、荒れ狂う風です。
9月1日は雑説の一つ「二百十日(にひゃくとおか)」です。

立春から数えて210目に当たり、台風の特異日として、今でもほとんどのカレンダーにも掲載されています。

天気予報などは無い時代ですから、人々はこの日を特に恐れ警戒したわけで、農家にとっては厄日です。

また、雷の事を「稲妻」と言いますが、これは稲穂が実る頃に雷が多く、昔はその雷が稲の穂を実らせると考えられていたからだと言う説があります。

加えて、「トンボ」が目立つようになります。
奈良時代には「秋津(あきづ)」と呼ばれ、トンボは昔から秋を代表する虫です。

トンボの語源ですが、「トン」は「飛ぶ」で、「ボウ」は「棒」と言う説があります。

トンボの特徴ですが、前にしか進まないので「不退転」を意味し、昔から縁起の良い虫とされ、特に武士の間では重宝されたそうです。

そして、「秋の七草」がお目見えします。
萩、桔梗、女郎花(おみなえし)、藤袴(ふじばかま)、撫子(なでしこ)、葛(くず)ですが、自生しているのを全て見つけるには苦労するかもしれません。
春の七草は食用ですが、秋の七草は観賞用になります。

ところで、万葉集で一番多く登場する花は「萩」で、次は梅です。
昔は秋には萩を愛で、春の花見は梅を愛でていたのでしょうね。
現在は、一番身近に見かける秋の七草は女郎花だと思います。

さらに、「コスモス」も秋を代表する可憐な花ですが、原産はメキシコで。
江戸末期には日本に入り明治に普及したといわれていますが、乙女の愛情、乙女の真心、乙女の純真、調和など純潔な感じの花言葉を持ち、現代人に大変親しまれています。

野菜では、なんといっても「秋ナス」が美味しくなってきます。
「秋ナスは嫁に食わすな」と言われる位美味しいとされています。

果物は、ブドウ、梨、柿、それに「無花果」と言ったところでしょうか。
イチジクは江戸時代に日本に伝わりましたが、身の中に白い花を咲かせるので外部からは花が見えません。
それで、「花の無い果実」と言うことで「無花果」になりました。

秋の語源は「食べ物が飽きる位出回る」と言う説が有力ですが、春と同じように、喜びに満ち、前向きの気配が漂います。

この夏は異常気象で、全国で多大な被害が出ています。
物の豊かさや便利さを追求するのも良いですが、先人のように、自然に寄り添い、自然を理解し、自然に感謝しながら新たな気持ちで、秋を迎えたいですね。

「自然に優しく」ではなく、「自然に優しくして頂いている」という謙虚な気持ちで、秋を楽しんで下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1470《言葉のお洒落と敬語遣いのポイント》

お洒落な言葉遣いや、敬語が上手になる工夫も大切です。ここでは、そのポイントに触れておきますので実践で使い...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1469《大切にしたい「言葉のお洒落」と「敬語」②》

四季がある日本では季節にちなんだ美しい言葉が沢山あります。降る雨や吹く風に関する言葉もそうです。4月...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1468《大切にしたい「言葉のお洒落」と「敬語」①》

日本は国土の7割以上を山で覆われていますが、「山笑う頃」から「山滴る頃」は緑のグラデーションが一番美しい時...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1467《マナーに存在する原則と例外》

日本には世界屈指の年中行事が有ると言われていますが、地域により様々です。慶事や弔事のしきたりもそうでしょ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1466《農の心を大切に!5月21日は二十四節気のひとつ「小満」》

気温が上がり一段と緑が濃くなってきました。5月21日は二十四節気のひとつ「小満」です。二十四節気の中...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ