コラム

 公開日: 2014-08-25 

マナーうんちく話792《上品で美しい食べ方②「日本料理の知識Ⅰ」》

料理を上品に美しく食べられる人はとても素敵で教養が漂います。
また、人生をも輝いて生きることが出来る人です。

しかし、そのためには料理を正しく理解しなければいけません。
また、それを美しく食べるコツを身に付けることが大切です。

そこで、ここから色々な料理の知識と、上品で美しい食べ方に触れて参ります。
会席料理からフルコース、さらにご飯の食べ方からスパゲティーや丼物など等お馴染みの料理を幅広く取り上げて行く予定です。

是非お付き合いいただき、日々の食生活で実践してみて下さい。
素敵に変身すること間違いなしです。

最初は毎日食している和食を取り上げますが、数々の和食の品の良い食べ方の前に、和食についての知識を理解して下さい。

そもそも「和食」ってどんな料理だと思いますか?
明確な答えは出せません。

日本人になじみの深い食材を、日本の調味料を使用して、日本の国土で発達した料理と言えると思いますが、とても複雑です。

また、箸で食べるのは和食で、フォーク・ナイフ・スプンで食べるのは洋食と捉える方法もありだと思います。

しかし、スプンで食べるカレーライスは日本を代表する国民食です。
さらに、フォーク・ナイフでハンバーグステーキを食べても、それに和風ソースに大根おろし添えであったら、むしろ和食と捉えた方がお似合いかもしれません。

世界屈指の「飽食の国」日本の食生活は多様ですから一概にはいえず、作った人や食べる人の判断にお任せした方が良いかもしれませんね。

ただ、日本料理の基礎として受け継がれている伝統料理には「本膳料理」「会席料理」「懐石料理」とがあります。

今では殆どお目にかかることは無くなりましたが、室町時代に確立された最も格式の高い料理が「本膳料理」で、主だった行事を彩って来た料理です。

ちなみにフランス料理の本格的なフルコースは、「前菜、スープ、魚料理、肉料理、ソルベ、ロースト、サラダ、チーズ、デザート、フルーツ、コーヒー」で構成されていますが、本膳料理はこれに匹敵するボリュームで「一の膳」から「五の膳」まであります。

1850年代に、日本にペリー提督が黒船でやって来たのはご承知の通りですが、その一行約300人を饗応した料理として有名です。

ちなみに、その金額は一人当たり30万円とも50万円とも言われ、品数は100種位有ったと言われていますが、あまり受けは良くなかったようです。
生の魚や酢の者が沢山あるが、豚や牛などの肉料理が無いので、無理もない話しですね。

そして、その返礼に今度は日本の幕府の役人の一行が黒船に招待され接待を受けるわけですが、その際に供された料理はフランス料理とワインやシャンパンです。

その黒船にはフランス料理の料理長が乗船し、しかも牛や豚や鶏は船の中で飼われていたそうで、それを食べて飲んだ日本の役人は大満足であったとか・・・。

食文化の違いはあれ、本膳料理にせよフランス料理にせよ、国運を賭けた「お持て成し」の大役を担っていたのは確かですね。

ところで、今は数えきれない位のマナー教本がありますが、江戸時代にもマナーにまつわる本は出版されています。時代が平和になり、豊かになれば「衣食足りて礼節を知る」と言うことです。

有名なのが「女重宝記」「男重宝記(なんちょうほうき)」で、メイク・ファッション・料理・作法・茶の湯・生け花・囲碁・将棋、さらにお膳の並べ方や作法等が図入りで事細かく示された本です。
食べ方も大変厳しかったことが想像できます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ