コラム

 公開日: 2014-08-14 

マナーうんちく話787《お迎え・お見送りの「胡瓜の馬」と「茄子の牛」》

お盆は仏様の里帰りの日です。
つまり、ご先祖様の霊をお迎えして、供養する仏教の行事です。

お釈迦様の弟子が「亡くなったお母さんが餓鬼道に落ちて苦しんでいるので、お釈迦様の教えに従って供養してこれを救った」と言う故事が、日本に伝来して、ご先祖様を弔う行事と一緒になったとされています。

ちなみに餓鬼道(がきどう)とは、飲食に不自由して飢えに苦しむ世界のことです。

一般的には、精霊棚(盆棚)を用意して、ご馳走や水や花をお供えします。
前述したようにお盆とは、我軌道に落ちた人を救うための行事ですから、期間中はソーメンや餅等のご馳走を耐えさないようにしなければいけません。

そして、ご先祖様の霊がお帰りになる時の乗り物が、キュウリや茄子に割箸や妻楊枝で足を付けた乗り物です。

キュウリは早く走る馬で、茄子はゆっくり歩く牛で、共にこの世とあの世を行き来する乗り物です。

お盆になったら、ご先祖様の霊に少しでも早くお目にかかりたいから、この世に里帰りされる時はキュウリの馬に乗って下さいという願いを込めています。

また、お帰りの際は、おなごり惜しいので牛に乗って少しでもゆっくりと、さらにお土産をたくさん積んでお帰りいただくわけですね。

また、お盆の花と言えば「ほおづき」ですが、これは迎え火や送り火の盆提灯に見立てています。

ところで、ご先祖様の霊がお帰りになるのは13日の夕方とされています。
従ってそれまでにはお墓参りをして、夕方になったらご先祖様の「道しるべ」として、家の玄関や庭先で迎え火を焚きます。

ちなみに、正月は神様の里帰りですから、神様をお迎えする「道しるべ」として玄関に門松を立てます。

そして、お帰りになられたご先祖様の霊をお持て成しするための行事が「盆踊り」です。

全国津々浦々ユニークな踊りがあり大変賑わっていますが、最近ではかなり様子も異なってきましたね。

昔の盆踊りの歌はなんとなく物悲しいタイプが多いかったように感じますが、ご先祖様のお持て成しという点では頷けると思います。

さて、15日の夕方か16日の朝には迎え火を焚いた場所で、今度は「送り火」を焚いて、霊の帰り路を明るく照らして、ご先祖様が無事にあの世に帰れるようにお祈りします。
これに関しては、それぞれの地域により様々な行事があります。

地域によって呼び名が異なりますが「灯籠流し」とも「精霊流し」とも言われる、灯籠にろうそくの火を載せて川や海に流す風習も有ります。
この灯籠に乗って霊があの世にお返えりになるわけです。

お盆の行事は地域により様々ですが、いずれにしても、今あるのはご先祖様のお陰です。

お盆の休暇を利用して海外旅行に行く人も多いようですが、正月と共に家族が揃ってご先祖様の霊をお迎えし、お持て成しの原点に返るのもお勧めです。
自分の今を見直す絶好の機会でもあります。

孤独死、無縁仏、無縁社会等の言葉が生まれて久しいですが、お盆、お正月、お彼岸くらいは家族が集い、行動を共にし、絆を深めていきたいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ