コラム

 公開日: 2014-08-10 

マナーうんちく話785≪和室のマナー⑥「座布団」と「床の間」》

日本の挨拶には立って行う「立礼」と、座った状態で行う「座礼」があります。
和室では座礼になりますが、基本的に座布団に座った状態では行いません。

従って、和室に通されて座蒲団を勧められても、挨拶が未だでしたら、座蒲団の横に座り、挨拶がすんで改めて座布団に座って下さいね。

座蒲団は奈良時代頃からの歴史を有し、日本人ならではの「もてなしの心」が宿っています。

そして、座蒲団には裏と表がありますが、中央を糸で止めたフサがある面が表です。

最近はファスナー形式が多いようですが、ファスナーがある方が後ろ向きになります。つまり、座る人のおしりの部分です。

座蒲団の座り方にも作法があります。
基本的には下座から座りますが、膝からにじりあがり、両手を使用して中央までにじり寄り、姿勢を正して、両手をひざに乗せて、正面を向けばいいでしょう。

但し、和室に通されても、挨拶がすまないうちや、主人を待つ間は座布団には座りません。

これは、「相手よりへりくだる」と言う意味があります。
加えて、武士の世界では、畳に直接座ることは、おしりが無防備になるので、そこから転じて「貴方の事を信用しています」意味にもなります。

逆に座蒲団を勧められたら、相手から敬意を示された事になります。
だから美しく座る必要があるので、にじりながら座るわけですね。

このように、元々座蒲団は高貴な人に敬意を表すものですから、直接足を乗せたり、いきなり座ることはやめて下さいね。
詳しくは「マナーうんちく話190《座蒲団の知識とマナー》」をご覧ください。

ところで、座蒲団での正座にも限度があります。
「お楽にして下さい」と言われたら、「お言葉に甘えまして・・・」と言って膝を崩したらいいでしょう。

膝を崩す時は下座側に崩して下さい。
つまり、床の間とは逆の方向に足を向けると言うことです。
但し、食事会などでは乾杯が始まる前までは正座を保ちます。

それまでは、かかとの上にお尻を載せるとしびれがキレやすいので、足首を丸くして、その中にお尻も収めたら比較的楽で、しびれも切れにくいですのでおすすめです。

ここで大切なのが服装です。
ぴちぴちした服装やミニスカートは感心しません。
着物や長めのスカートがお勧めです

正座が苦手だったり、膝が痛かったりしたら、失礼を詫びる言葉を掛けて、楽にしてもいいと思います。

さて、いよいよここから会話が弾むわけですが、先ずは床の間を見て下さい。
「床の間」は、和室を象徴する空間ですが、一段高くなっていますから、客の座であり神の座でもあります。だから、床の間に近いところが和室では上座になります。

床の間に活けている花や、掛けてある掛け軸は、お客様をもてなすために、主人が時間を費やして、あれやこれやと用意してくれたものに他なりません。

その、おもてなしの心を素早く察知することも大切です。
掛け軸や花に精通している人は少ないですが、掛け軸の意味を尋ねたり、花の名前を聞くだけでも相手に気持ちは伝わります。
床の間全体に関心を抱くことです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1573《品格がにじみ出る忘年会での振る舞い。好感のもたれる立ち居振る舞いとは》

今回は忘年会で、参加者としてどのように振舞えば良いのか?について触れておきます。忘年会は、いろいろな面...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1572《忘年会を盛り上げるにはコツがある②》

【忘年会の挨拶】忘年会には挨拶がつきものですが、幹事の開催の挨拶に続き、組織の長の挨拶があります。こ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1571《忘年会を盛り上げるにはコツがある①》

日本独特の行事だと思いますが、今年も師走の風物詩「忘年会」の季節がやってきました。歓送迎会、ビアパーティ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ