コラム

 公開日: 2010-10-19  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話⑭≪エレガントな立ち居振る舞い「一回一動作」≫


マナーうんちく話⑭《エレガントな立ち居振る舞い、「一回一動作」》


例えば結婚披露宴にて、司会者から、「それでは只今から新郎新婦のご多幸を祈念してシャンパンで乾杯をしたいと思います。皆様どうぞご起立下さい。」と言われた時、
①シャンパングラスをスマートに持ち、起立するか?
②そのまま起立して、シャンパングラスを持つのか?
この両者では雲泥の差があります。

複合文化を形成しているわが国でマナーを語る時、日本で長い間脈々と継承されてきた「礼儀・作法」と、明治以降、欧米諸国から輸入されたエチケット・マナー、そしてそこから派生した「プロトコール」が必要になります。

つまり、日本独自の「礼儀・作法」と、世界を視野に入れた「プロトコール」を身につけることにより、本当の意味で洗練された、身も心も美しい人になれるのでは、と思います。
例えば、時には料亭で着物を着て凛として振る舞い、時にはフレンチレストランでドレスを着て華麗に振舞えるような人は素敵ですね。

ところで「プロトコール」は、ご承知の通り、「国際儀礼」とか「外交儀礼」という意味で、歴史・風土・国民性・文化・宗教の異なる国の人々が、何らかの形で席を共にする時のマナーです。
元々、王室、政府高官など、その国を代表する人達が公式の場で相手国の人を尊重するという精神で振舞うためのマナーだったので「ロイヤルマナー」の別名があり、テーブルマナー、席順の決め方、国旗掲揚等が具体的かつ詳細に定められております。そして国際化の進展と共に、今ではすっかり一般国民まで浸透し、私たちが身につけたいマナーの基本が多く存在します。

一方日本の「礼儀・作法」は、聖徳太子の「17条の憲法」に始まり、「有職故実」を経て、「小笠原流礼法」に代表される、世界に誇る日本独自の文化で、武家階級や戦前の女学校教育の一種のステータスでもありました。

この「小笠原流礼法」と「プロトコール」。これらの共通点は、いずれも「尊敬の心」と「思いやりの心」ですが、その表現方法はそれらの成立過程における社会背景、宗教、風土等によりかなり異なります。全く逆のケースさえあります。当然その場に応じた適切な判断基準を身につけることが大切になります。

そうかといえば、「小笠原流礼法」と「プロトコール」は、「心」も「形」も全く共通したポイントも存在します。
「正しい姿勢」と「一回一動作」もしかりです。

《一回に一動作》・・・これこそ紳士淑女の華麗なる立ち居振る舞いの基本です。
ポイントは「・・・ながら動作」をしないということです。

歩きながら携帯電話を使用しない。運転しながら電話をしない。食事をしながら新聞を読まない。煙草を吸いながら作業をしない等などです。

さらに詳しく説明すると、一回一動作とは、「今、ここに集中する」「今、している行為に心を込める」、そして、それを「美しく表現する」ということです。

このようにすると、している人は落ち着き、其れを見ている人は安心します。相手を安心させ、相手から信頼を得るということはすなわち、相手に対する最高の思いやりです。

心の、落ち着き・静けさ・ゆったりした雰囲気などは「エレガンス」のポイントでもあり、好感のもてるコミュニケーションの基本でもあり、立ち居振る舞いの基本でもあります。

自己紹介する時の模範例です。
①起立します。
②名前を名乗り、伝えたいことを述べます。
③お辞儀をします。

冒頭の乾杯の時の優雅な振る舞いです。
①先ずゆったりと起立します。
②シャンパングラスを手に取ります。
③自分の胸の高さに持ちます。
④「乾杯!」の発生の音頭と共に、新郎新婦に視線を合わせ、グラスを目の高さまで上げ、そのまま笑顔で互いの目を合わす。・・・以上です。

「何時も美しい姿勢でいる」ことと、「一回に一動作しかしない」という二つの基本をぜひ身につけられることをお勧めします。
どんな時も自信を持って優雅に振舞うことができ、あなたの魅力が倍増します。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ