コラム

 公開日: 2014-07-07 

マナーうんちく話766《日本の夏とソーメン》

前回七夕のお話をしましたが、7月7日は二十四節季の一つ「小暑」でした。
今年は大型台風の影響で暑さは感じられませんが、本来なら夏の風が熱気を運んで来て、いよいよ暑さが増して来る頃です。

そこで今のように冷暖房が完備していなかった昔の人は、「暑さしのぎ」に色々と衣食住において創意工夫を凝らしました。

6月は「衣替え」ですが、7月になると素材まで変えてしまいます。
綿や絹から麻の変わるわけですね。

デザインや形や色で衣服を変えるのも良いですが、素材ごと丸ごと変えるとは、昔の人の方が贅沢だったのかもしれませんね。
くしろ、今のクールビズやスーパークールビズよりお洒落感が漂うような気がしますが如何でしょうか?

また、衣服もそうですが、7月になると建具等も衣更えを行います。
障子やふすまを葦戸(よしど)に変え、すだれを掛けて風通しを良くします。
四季が明確に分かれている日本ならではのユニークな様変わりです。

そして夏といえばと、日本人ならだれしもが口にするのがソーメンではないでしょうか?

中国伝来の「索餅(さくぺい)」が起源だとする説がありますが、中国では「七夕に索餅を食すと病気にならない」と言われていたので、宮中でもそれに倣い、七夕にお供えしたと言われています。

御中元に、今なおソーメンが根強い人気を保っている原因が、どうやらこの辺にあるようですね。

流しソーメンを始めソーメンは夏の風物詩ですが、地方色豊かで、多種多様な食べ方・供し方がありますが、これと言った決まりは有りません。

ガラスの器に入れ、氷と水を張って出す場合が多いようですが、ソーメンはうどんやそばと異なり、水に付けてもふやけない性質があるからです。

ちなみに、麺には、手で細く伸ばして作るものと、麺棒で薄く延ばして包丁で切るものがありますが、手延べそうめんは前者の代表格です。

日本では、1800年頃になると江戸ッ子の間で「粋」という美意識が生まれ、独特の文化が生まれ、やがてそれが食文化にも波及しました。

蕎麦通が好んでうんちくを述べる「蕎麦の粋な食べ方」もこの頃に生まれたのでしょうね。

そして実は、ソーメンの食べ方にも、室町時代から女性に限り細かな作法が存在していたようです。

それが形を変え江戸時代まで続き、「女重宝記」には、女性のたしなみとして細かな決まり事が記載されています。

女重宝記は江戸時代に発刊された教訓書です。
女性として日常生活に必要な色々な知識を項目別に集めた、一種の生活総合百科です。

例えば、女性としての作法や心得、言葉遣い、学ぶべき諸芸、着物の選び方やファッションやメイクなどがあります。

当時は男性優位の社会ですから「男性としてはかくあるべし」「女性としてはかくあるべし」という形にはまった社会通念が存在していたようです。

さらに結婚式の作法を始め、その際の料理の並べ方や作法等が、細かにイラストを交え書かれており、時代を偲ばせます。

ソーメンの食べ方しかりですが、本当に今から思えば窮屈だったかもしれませんね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ