コラム

 公開日: 2014-07-03 

マナーうんちく話764《「おもてなし」の本意とマナー》

日本の四季は、世界中の人が羨ましがるところですが、初夏の陽光を浴び、梅雨の雨を受けて、この時期は緑が濃くなり、草花が華やぐ時でもあります。

そして、日本人は和の心を大切にし、自然を愛し崇拝し共生しながら農耕文化を発達させ、「和食」という素晴らしい食文化を育んできたわけですね。

それに加え、移り変わりゆく四季により培われた豊かな感性と、大変ユニークな「おもてなしの心」を持っています。

今回は《「和食のマナー」の腕試し》の「おもてなし」について触れてみます。

一般的に「おもてなし」と言えば、お客様に対する心のこもった接遇を意味することが多いようですが、お客様に食べ物や飲み物、さらに宿泊の場を与えてもてなす風習は、世界中のあらゆる社会に見られます。

中でも日本のおもてなしは、昨年の東京オリンピック招致委員会のプレゼンテーションですっかりおなじみになり、和食と共に、世界中の人々から熱い視線が注がれていますね。

「おもてなし」は「もてなし」に、丁寧に「お」を付けたいい方ですが、service、hospitality、reception等のような英訳があるように、非常に幅広い概念ですので、一概に「おもてなし」とはこうであるとは言い切れません。

しかし、マナーと非常に密接な関係があることは確かなようです。

「おもてなし」のポイントは二つあります。

①「おもてなし」=「お持て成し」で「モノを持ってコトを成す」
「モノ」とは目に見え、身体で感じることが出来るもので、「コト」は目に見えないが、心で感じることが出来るものです。

例えばレストランでのおもてなしのを想定すると、店内の雰囲気、空調、食材の種類や料理の味等が「モノ」です。
いずれもレストランにとってはかけがいの無いものばかりです。

これに対して、スタッフの接客態度は「コト」に当たります。
いくら冷暖房が程良く効いて、豪華なシャンデリアと綺麗な花が活けてあり、美味しい料理が供されても、スタッフが無愛想であったり、冷たい態度で接したら、せっかくのご馳走が台無しです。

「モノ」と「コト」が程良く調和することが大事です。
料理の味は調理の知識やスキルを身に付けなければいけませんが、接客態度はマナーが必要です。

②「おもてなし」=「表無し」=「表裏無し」=「偽りなし」=「誠心誠意」
つまり、表と裏がない事、偽りがない事、すなわち誠心誠意、真心をこめて応対すると言うことです。

昨年の暮れには有名・一流・名門と言われるおもてなしのプロであるホテルや百貨店で偽装表示が問題になりましたが、これは「おもてなし」とはいえませんね。

「表と裏がないおもてなし」は愛する人や家族の場合は成り立ちますが、「さりげなく」が大切です。いかにも仰々しく「おもてなしをしています」と言えば、相手に精神的な負担を掛けることになります。

ただ、おもてなしはビジネスの世界でよく使われますが、ビジネスでは営利追求が目的になりますから、「ビジネスの世界におけるおもてなし」は、現実的には、「ホンネ」と「タテマエ」があるかもしれませんね。

レストラン経営において、何のためにおもてなしをするか?と言えば「お客様に喜んでいただくため」「お客様が満足するため」と言う答えが返ってきますが、これは「タテマエ」です。

「ホンネ」は顧客満足によりレストランの業績アップを図ることではないでしょうか。そのためには、感謝・思いやり・尊敬の心をお客様に上手に表現できる能力、つまりマナーに精通すること必要になります。

プライベートにせよ、ビジネスにせよ、「おもてなし」の言葉を使う以上は、誠心誠意、真心を込めることが大切だと心得て下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

13

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ