コラム

 公開日: 2014-07-01 

マナーうんちく話762《「文月」・「暑中見舞い」・「お中元」》

いよいよ一年の折り返しになりました。
この半年があっという間に過ぎたと感じる人もいれば、それなりにと思う人もいると思います。

時の流れを早く感じるようになれば「歳をとった証拠」と言われますが如何でしょうか?

7月は文月(ふみづき・ふづき)と言いますが、これは短冊に、詩歌や文字を書いて書道が上達することを祈った「七夕」の行事に由来する説が有力です。

従って、七夕の行事を行う際に短冊に願い事を書きますが、なんでも書けばいいものではありません。習いごとが上達するような内容が適しています。

また、文月は稲の穂を含む月だから「含み月」「穂含み月」と言う説も有ります。
さらに、「女郎花月(をみやえしつき)」「七夕月」の異名も有ります。

いずれにせよ、いよいよ暑さが本格化する月ですから、身も心も引き締めて、残りの半年を元気に過ごしたいものですね。

水分補給と共に、日頃からの睡眠、バランスのとれた栄養等も大切で、身体への思いやりをお忘れなく・・・。

さて、四季が明確に分かれている日本では、日頃お世話になっている人や親しくしている人への、暑さ・寒さ伺いの風習や、盆や正月のような多種多様な歳事があります。

昔から毎年、季節の節目・節目に、願い事をしたりお礼をしながら、暮らしに彩りを添えたり、人間関係を円滑に保っていたわけですね。

暑い時の「暑中見舞い」や「暑中伺い」、「残暑見舞い」や「残暑伺い」、寒い時期の「寒中見舞い」や「寒中伺い」、「余寒見舞い」に「余寒伺い」はその典型的な例です。

日本のマナーは、貧しいながら平和な社会背景から生まれたので、相手に対する「思いやりの心」が基盤になっていますが、暑中見舞いや寒中見舞いはその具体的な表現です。

同じ暑さ・寒さに対しても、立秋や立春を境に、また伺いを立てる相手により表現を変える先人の感性には甚だ感心させられます。

ちなみに、暑い時や寒い時にお世話になっている方の所に出向き、挨拶をする際には、なかなか手ぶらでは行きにくいものですね。

そこで、世話になっている度合いや相手の好みに合わせ、懐具合と相談して、適当な手土産を持参するわけですが、これが御中元やお歳暮の起源だと認識して頂ければいいと思います。

7月になり、「お中元」が気になる人も多いと思います。
そこで、改めてマナーの視点で、「御中元の知識と本意とマナー」に触れてみたいと思います。

商売根性が非常に盛んで、商売を上手にやって利益を出そうとする気構えを「商魂たくましい」と言いますが、日本人は本当に商売熱心だと思います。

従って、クリスマス・お歳暮・母の日・父の日・クールビズにウオームビズ商戦と共に、お中元は小売業にとっては大きな売り上げが期待でき、毎年巧みな販売合戦が展開されています。

経済が活性化することは大歓迎ですが、不必要に巻き込まれるのではなく、お中元の意味を正しく理解し、贈ったり、贈られたりすることが大切だと考えます。

次回は御中元の本意とマナーについて触れてみます。







この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ