コラム

 公開日: 2014-06-28  最終更新日: 2014-06-29

マナーうんちく話760《和食が無形文化遺産に登録された理由とは?》

6月の終わり頃は一年のうちで最も雨の多い時期だそうですが、青葉若葉がひときわ美しく際立ち、木々の青葉にたまった雨がパタパタと落ちる様を「青時雨(あおしぐれ)」と言います。

時雨は、本来は冬の季語ですが、青葉の「青」を頭に付けて、夏の雨を表した言葉で、「蝉時雨(せみしぐれ)」と同様、夏の素敵な言葉ですね。

さて、和食のマナーの腕試しの解説の続きですが、今回は「和食がユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された理由に触れてみます。

無形文化遺産とは、芸能、伝統工芸、お祭りなど形はないけど、その土地の歴史やしきたりや風習等と密接にかかわっているもので、食に関するものではすでに、「フランス料理」「地中海料理」「メキシコの伝統料理」等が登録されています。

日本は、終戦直後には食べ物にとても不自由しましたが、間もなく経済を立て直し、生活を豊かにするにつれ、食生活も大幅に改善し、今では食料自給率は先進国では最下位ですが、世界屈指の「飽食の国」になっています。

しかし、食生活は大きく変化し、欧米スタイルが浸透し、特に若者の間で和食離れが進行し影が薄くなってきている感があります。

一方、ミシュランガイドは日本の和食に多くの星を付け、加えて昨年12月にはユネスコに認められる等、海外での評価が非常に高いのは嬉しい限りです。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食の大きな特徴は4つ上げらあれます。

1、「海の幸、山の幸といった多種多様な新鮮な食材とその持ち味の尊重」
四季が明確に分かれ、周囲を海で囲まれ、国土の約7割が山であり、南北に細長い日本では、一年を通じ、その地域を代表する多くの食材に恵まれています。また、その食材の特性を活かす調理方法が発達しているのも素晴らしいことです。

2、「栄養のバランスに優れている」
・旨みや栄養価や風味が凝縮された旬の食材を上手に取り入れている。
・刺身のように生で食する食文化を形成している。
・昆布やカツオのようにうまみ成分を合理的に取り入れている。
・5味5色の多種多様な栄養成分にこだわっている。
・味噌や醤油のように優れた発酵食品が豊富である。
以上の点を活かして、世界屈指の長寿社会の礎を築いている。

3、「自然の美しさや見た目の美しさの表現」
食材に四季の移ろいを取り入れた料理の美しさのみならず、器や部屋のディスプレイ等にもふんだんに季節色を出し、客人をもてなす文化を形成している。
※「もてなし」に関しては改めて取り上げます。

4、「四季折々の年中行事との密接なかかわり」
稲作を中心とした農耕文化で栄え、神様・仏様(神道・仏教)の国である日本の食文化は、盆や正月や節句等の年中行事と大変密接な関係にあり、豊かな精神文化を育むと共に家族や地域の絆を深めてきました。さらに自然を尊重し、自然と共生する日本人独特の精神は、世界の多様な文化の一つであると評価されました。

無形文化遺産に登録されると、今度はそれを守るために様々な取り組みが必要です。

特に、毎日コメのご飯を頂く中で、大人が改めて和食の素晴らしさと無形文化遺産に登録された理由を再認識し、次世代に伝える努力が必要ではないでしょうか。

加えて、その和食のテーブルマナーは、前回触れた西洋のテーブルマナーと異なり、他者に対する思いやりを大変重要視しています。

従って、和食や和食のマナーを正しく理解することは、地球の環境保全にも平和にも貢献することが出来ると信じています。

国際化の進展に伴い、不必要に西洋かぶれすることなく、自国の文化・食文化・礼儀作法を正しく理解して、これらの素晴らしさを世界に向けて発信していきたいものです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1509《改めて考えたい「終活」の意義と意味②》

【終活の捉え方】人生の終わりに向けて自分らしい終わり方ができるように、身も心も元気なうちにとる様々な準備...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1508《改めて考えてみたい「終活」の意義と意味》

【はじめに】最近やたらと「活」がつく言葉が氾濫している気がします。「就活」「婚活」「恋活」「離活」「産...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1507《感性が磨かれる秋立ちぬ頃》

中山間地域に住んでいると、厳しい暑さが続く中にも、この時期になるとトンボが飛び交い、朝晩の風に心地よい涼し...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ