コラム

 公開日: 2014-06-26 

マナーうんちく話759《和食と洋食のテーブルマナーの違い》

花菖蒲(はなしょうぶ)が美しく彩っています。「はなしょうぶ」は「菖蒲(あやめ)」という名前で古くから日本人に愛された、水辺を好む涼やかな和の花です。

稲が生育する水田でもよく見かけますが、昔の人はこの花が咲くようになったら、梅雨に備えたと言われています。

そして、菖蒲に良く似た花で「杜若(かきつばた)」があります。
「あやめ」と「かきつばた」とくれば、美人を選ぶときに決まり文句になっている「いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)」の言葉が有名ですね。

平安時代に活躍した武将源頼政と、宮中の女官であった菖蒲前(あやめまえ)と言う美女が恋をしましたが、その恋はなかなか実りませんでした。

そんなある時、頼政は宮中を悩ます怪鳥を退治すると言う手柄を立てます。
そこで、鳥羽上皇から「褒美をとらすが何を望むか?」と言われて、頼政は迷うことなく「菖蒲前」を頂きたいと申し出ました。

鳥羽上皇も彼女を素直に渡したら面白くありません。そこで鳥羽上皇は、宮中の美女11人と菖蒲前に、濃い化粧をさせて一同に集めました。

いずれも迷うばかりの美女揃いになるわけですが、頼政はこの中から間違いなく菖蒲前を選ばなくてはなりません。

困った頼政はここで歌を詠んだわけですが、その歌が鳥羽上皇に感動を与え、頼政は菖蒲前と思いを遂げることが出来たというお話しです。
良すぎて選択に迷うような経験ならいくらあっても良いですね。

今回は《「和食」と「洋食」のマナーの基本的な違い》について触れてみます。

動物が生きて行くためには、「食べること」と「飲むこと」は不可欠です。
しかし、他の動物と異なり、人間が食べたり飲んだりする時には様々な決まり事があります。

人間は、皆で、道具を使って、料理した物を食べます。
皆で食べる行為は世界各国共通ですが、食べ物や、食べる時に使用する道具や、料理方法は、その国々の気候・風土、国民性、食文化、歴史、宗教等により大きく異なります。

そして、それぞれの国では、自国に相応しい食べ方を工夫してきたわけです。皆が、仲良く、安心して、平等に食べることができ、かつコミュニケーションが図れるような様々なルールを、長い時間をかけて作られたものがテーブルマナーです。

ちなみに、西洋は宗教戦争に見られるように常に戦争の歴史でしたから、その中から生まれたテーブルマナーの特徴は「危機管理的要素」があります。
加えて、「社交的要素」も含まれています。

例えば、「ワインのテイスティング」や、「使用していない手は武器を持っていないことを示すために常にテーブルの上に置く」等です。

また、厳格な序列や、品位を保つために食卓の雰囲気をある一定以上に保つための心配り等も大切な要素です。

これに対し、自然と共生し、農耕文化で栄えた神様・仏様(神道・仏教)の国日本は、平和を尊び、「神人共食文化」を築いたので、どちらかと言えば柔軟な対応と美しさを追求しています。

つまり、和食のマナーは柔軟な対応で他者に対する思いやりの心を大切にするわけです。

さらに、豊かな精神文化を有し、「器を持って食べる」と言う世界でも大変ユニークなマナーが存在します。

テーブルマナーの難しい点は、食習慣や食べ物や宗教等が大きく異なる点で、様々なスタイルが存在することです。しかし、その背景には必ず「なぜそうするのか?」と言う合理的な理由が必ず存在します。

大切な事は、理由を理解し、和食にせよ、洋食にせよ、不必要に作法に神経質になるのではなく、料理を提供してくれた人に感謝することと、美味しく楽しく食べること、そして、同じテーブルで食事をする人に好感を与えることです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1451《万物が躍動する時です。「人脈づくり」に励みませんか?》

先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、百花繚乱と言われるように多くの花が咲き乱れ、新芽が萌え出し、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1447《「穀雨」の頃、雨や風のない人生には輝きがない》

「春は嵐と共にやってくる」とか「春に3日の晴れ無し」とも言われますが、春の天気は人の心と同じように、移り変...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ