コラム

 公開日: 2010-10-16  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話⑬≪葬儀の服はなぜ黒い?≫


マナーうんちく話⑬《葬儀の服はなぜ黒い?》

私は、マルチ・マナー講師であると共に、「シニアライフアドバイザー(内閣府所管 シニアルネサンス財団認定)」、「健康生きがいづくりアドバイザー(厚生労働省所管 健康生きがい開発財団認定)」ですので、県下の行政、教育委員会、社会福祉協議会、各種団体、企業などから「中高年齢者の生きがいづくり」の講演をよく依頼されます。

日本が世界一の長寿国になったことは大変目出度くもあり、嬉しくもあることですが、「世界一の長寿国」は、裏を返せば「超高齢社会」でもあります。
65歳以上の高齢者が人口に占める割合を「高齢化率」と言い、それが7%から14%未満を「高齢化社会」、14%から21%未満を「高齢社会」、21%以上を「超高齢社会」と表現します。ちなみに岡山県は常に全国平均を上回り、只今高齢化率24,8%です。

この4人に一人の割合である高齢者が、これから元気ハツラツと生きて行くか、ショボクレテ生きて行くかではでは雲泥の差があります。山間部での高齢化率は約30%、高いところでは50%を上回りますからなおさらです。

そこで中高年齢者の「健康・生きがいづくり」が大きな課題になるわけです。
最近ではそれに、「エンディングの在り方」「葬儀の心得」なども加味されてきました。

話が少しそれますが、今世界には約68億人存在し、地球全体的には年間約8000万人人口が増えております。しかし日本は高齢者が多く、しかも少子化が進展しておりますので、人口は減少しています。亡くなる人の方が生まれてくる子供より多いからです。

「少子多死社会」ということです。
死を避けて通るのではなく、死と向かい合って生きて行かねばならないということですね。

かって、お釈迦様は、人間の基本的な苦しみは「生・老・病・死」だと申されました。
今まさに、私たちは「超高齢社会」を迎え、「老い」と正面から向かい合い、そして「死」と向かい合っております。
すなわち日本は只今、国家レベルで「葬式」に直面しているということではないでしょうか。

ところで、葬式といえば皆さんはどのような色を連想されるでしょうか?
例外なく「黒色」ではないでしょうか?
現在は黒が完全に喪服になっていますが、日本は基本的には喪服は白でした。

日本において「葬式=黒い服」になったのは、昭和40年代半ば頃で、歴史的にはまだまだ浅いようです。

このころ「冠婚葬祭の礼儀・作法」の書物がベストセラーになっています。
某既製服メーカーが「冠婚葬祭これ1着で大丈夫」というような、大変ユニークなキャッチコピーで発売した男性用「黒色の略礼服」が売れに売れて、やがて婦人用にも飛び火したようです。それ以来日本の葬式は、男性も女性も黒一色で統一されてしまいました。

そもそも江戸時代までは、日本の喪服は白と決まっていたのですが、明治維新後に、何もかも西洋かぶれした明治新政府が、当時の最先端を走るイギリス政府に、喪服の色を尋ねたところ、大英帝国では、葬式の色は「黒かグレー」だったので、其れに合わせたのが黒色の始まりだといわれております。


今「葬儀の在り方」が話題になっています。
だったら、先ず「葬儀の本質」をわきまえるべきだと思います。

「香典の書き方は?」「焼香の仕方は?」「服装は?」「挨拶の仕方は?」等など良く聞かれますが、なによりも、「葬儀の目的は何か?」「お経はなぜあげるのか?」「誰に対してあげるのか?」「戒名とは何か?」等など基本的なことを充分理解することだと思います。

岡山県でも、結婚式は6割以上がキリスト教スタイル、葬式は9割以上が仏教であげられております。全国的にもほぼ同様の傾向のようです。
結婚式はイベント感覚で、葬式は宗教に頼りたいということでしょうか。

マナーはその国々の歴史・文化・宗教などに大きく左右されます。
特に日本の葬式マナーは仏教の知識なくしては語れないと思います。
信仰や自分が信ずる宗教の大切さを今一度考えてみたい気がします。






この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

66

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ