コラム

 公開日: 2014-06-21 

マナーうんちく話756《「世界3大食法」と「手前味噌」》

6月21日は「夏至」。
一年で最も昼が長く夜が短い日で、これから本格的な夏へと暑さが増してきます。ご自愛ください。

そして、夏至の逆は「冬至」で、加えて、秋から冬にかけての長い夜を「夜長(よなが)」、短い夏の夜を「短夜(みじかよ)」と呼びます。

とても風流な呼び方だと思いますが、最近では夏至と冬至の夜にキャンドルナイトでスローな夜を楽しむのがブームになっていますね。

ちなみに、夏至と冬至では夜の長さが約5時間も異なりますが、今日はあいにく朝から曇り空で、その差が実感できそうも有りませんね。

現在は照明器具が発達していますから、夜の長さはあまり気になりませんが、昔昔「通い婚」全盛の時代は、恋人達は夜にデートを重ねていたわけですから、夜の5時間の差はとても大きく影響した事でしょうね。

前回の腕試しの解説になりますが、「世界3大食食法」に触れておきます。

現在地球上には約71億人が生活しており、命を長らえるために色々な形で食事をしますが、その方法は大きく分けて3種類あり、これを「世界三大食法」と呼んでいます。

「手食」「箸食」「フォーク・ナイフ・スプン食」に分類されますが、中でも一番多いのは「手食」で全体の約四割を占めています。

東南アジア、アフリカ、中近東などが主で、歴史的に見ても最も長い歴史を有します。

次は日本、台湾、中国、ベトナム等の「箸食」と、南北アメリカ、ロシア、ヨーロッパの「フォーク・ナイフ・スプン食」が同じで三割ずつになります。
但し、フォーク・ナイフ・スプン食の歴史は浅く、せいぜい200年位でしょうか。

では、なぜ食事の方法に違いがあるのかと言えば、各民族の食の作法、食べ物、調理方法、食材、それに宗教的要因が考えられます。

例えば、多くの国々で米を栽培していますが、日本人が食する米は粘り気がありますから箸が食べやすいです。しかし、手食の国で食する米はパサパサしているので手の方が食べやすいようですね。

さらに、箸食の中でも、箸だけで切る、掴む、運ぶ等全てを行うのは日本だけで、神様(神道)ととても深いかかわりがあります。

稲作を中心とした農耕文化や年中行事で栄えた日本では、米を始め農作物の豊作や健康や長寿を祈念する際、神様に海の幸や山の幸をお供えして神事を執り行います。

その際、神様にお供えする神聖な物を「直接手で触るのは神様に失礼だ」という考えのもとに箸が生まれたと言う説がありますが、これが「手食」の場合は全く異なります。

手食は、食べ物は神聖な物だから箸やナイフを使用せずに直接手で触れ、手で愛でると言う考えのようです。

「所変われば品変わる」という諺があります。

国や地域や土地が変われば、人情も、気質も、価値観も、考え方も、食べ物や着る物や習慣等も変わると言う意味で、西洋では「SO many countries、so many customs」と表現されます。

夏至の日は、北極に近い国では白夜を楽しむそうですが、日本では梅雨の真っ最中です。また、同じ日本でも夏至にタコを食べる地域も有れば無花果を食す地域も有るようですね。

自分の地域で作られた味噌が日本中で一番美味しいと自負することを「手前味噌」と言いますが、色々な地域や国の事をより理解して、色々な視点で物事を捉えることも大切ですね。

次回に続きます。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ