コラム

 公開日: 2014-06-19 

マナーうんちく話755《「和食のマナー」の腕試しをどうぞ!》

「生きることは食べる事!」だといわれます。
そして、その食べると言う行為に「心の美しさ」を加味したものがテーブルマナーです。

つまり、テーブルマナーには人生をよりよく生きる知恵が凝縮されています。
だから、家庭の食卓で、親が子どもにキチンとマナーを教えることが大切なわけですね。

そのためには先ず大人が自国の食文化やテーブルマナーを正しく理解し、家庭や地域や職場で素敵に発揮することが大切です。

ところで、毎月19日は「食育の日」です。
これにちなんで、いくつか「和食のマナーの腕試し」をご用意いたしました。
ぜひ、挑戦してみて下さい。
日本人として知っていただきたいことばかりです。

①世界三大食法は?
では、この中で一番多い食べ方は?
それでは、なぜ手で食べたり箸で食べたりするの?

②箸とお椀。先に持つのはどちら?また、正しい箸使いとお椀の扱い方は?

③なぜ、箸を正しく持たなければいけないの?

④食事をする時に汁が垂れるといけないので、箸を持たない手、つまり左手で受けますが、これは品の良いマナーですか?

⑤日本には食前・食後に「いただきます」「ご馳走様」の挨拶があります。
「いただきます」は食材に対する感謝の言葉ですが、「ご馳走様」の意味は?

⑥お節料理や結婚式の時に供される「祝い膳」を食べる箸を「祝い箸」といいます。柳箸とも言われますが、両端が細くなっているのが特徴です。
その理由は?

⑦「祝い膳」には丸ごとの魚「おかしら」がつきものですが、「おかしら」を漢字で書くと?また、おかしらの美しい食べ方は?

⑧「和食」と「洋食」のテーブルマナーの基本的な違いは?

⑨昨年、和食がユネスコの無形文化遺産に登録されましたが、大きな理由を4つ上げて下さい。

⑩昨年、東京オリンピック招致委員会で日本の「お・も・て・な・し」文化が話題を呼びましたが、「おもてなし」を形成する二大要因とは?

⑪マナーの根源は「思いやりの心」です。
大変美しい言葉ですが、「思いやりの心」とは具体的にどう説明しますか?

⑫最後に、最も大切にしなければいけないテーブルマナーとは?


今までのコラムの中で詳しく触れてきた内容ばかりですが、再認識して頂く意味でこれから順を追って解説して参ります。
正しく理解して、益々素敵に輝いて頂ければ嬉しい限りです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ