コラム

 公開日: 2014-06-13 

マナーうんちく話751《スピーチで自信をつける方法》

多人数の前で堂々とスピーチできる人は素敵ですね。
程度の差こそあれ、誰しも緊張するものです。

結婚式に招待されて、主賓の挨拶や乾杯の発生の音頭やスピーチを頼まれた人は多いと思います。

そして、本番の一週間くらい前になると、気になって、なかなか寝付かれない、食欲が湧かない、と言う経験をされた人も多いのではないでしょうか?

私も今でこそスピーチは慣れましたが、かつては人一倍緊張していました。

ちなみに、大学卒業までは改まってスピーチをする機会はありませんでしたが、その必要が生じたのは卒論発表会の時です。こればかりは避けて通ることは不可能で、ソワソワ、ドキドキ、ハラハラの日々を過ごした経験があります。

何度も何度も訂正してやっと書き上げた卒論を、諸先生方の前で発表し、認めて頂けなければ卒業できませんので、自己流ですが、練習あるのみでした。

そして次の山場は、ホテルに入社してしばらく経過した頃に、学生相手のテーブルマナーの講師を余儀なくされた時で、この時にもかなり苦戦しました。

しかし、このような経験を繰り返すうちに、やがて結婚式の司会が出来るようになり、人前で話をするコツが身についてきます。

こうなると、後は場数を踏み、自信を持ち、喋り方と共に態度や表情の研究をして、決められた時間通りに終える訓練と要領を掴むことです。

改めて、多人数相手のスピーチで自信を付けるコツに触れておきます。

○多人数相手のスピーチに前向きになることと、明るく堂々と振舞うことです。緊張のあまり、びくびくすることはよろしく有りません。

○習うより慣れることです。
何事もなれることが大切です。機会が有れば前向きに挑戦して下さい。
場数に比例します。

○案ずるより産むが易すしです。
前向きになれば、意外に事はスムーズに運ぶものです。
不必要に臆することは禁物です。
心配することはある程度必要ですが、心配し過ぎると逆効果です。
従って、事前にあれこれと心配するより、実際に行動することが大切です。
自分自身の力を信じ前に進んで下さい。

○スピーチの内容に精通する事。
人前でスピーチをする時には先ず自信を持つことです。
心理的な不安を排除して自信を付けるには、話しの内容に精通しなければなりません。経験不足やスキル不足と共に、知識不足は不安の大きな材料になります。備え有れば憂いなしで、ネタをしっかり用意して下さい。

○小手先のスキルより誠実さが大切。
笑いを狙ったり、受けることを狙い、人真似をするより、自分の言葉で、熱意や真剣さや誠実さをアピールして下さい。つまり服装を整え、明るい挨拶、深々とした丁寧なお辞儀、笑顔、姿勢、言葉遣いに注意して下さい。

○最後に、一に練習、二に練習です。
練習を積めば積むほど、自信がつき、聞き手と真剣に向き合うことができます。

持って生まれた能力は人それぞれです。
話しが得意な人もいれば苦手な人もいます。人前での話が苦手な人は苦手意識を持ち、次に意識的にそれを克服する努力が必要です。その努力の量で、話しが得意な人との差は埋まります。

「千里の道も一歩から」とか、「ローマは一日にしてならず」と言われます。
スピーチの苦手な人が、一日にしてスピーチが上手になる近道や特効薬は残念ながら有りません。

地道な努力あるのみですが、以上のような要領を心掛けていれば上達は早いと思います。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ