コラム

 公開日: 2014-06-10 

マナーうんちく話749《恋焦がれて鳴く蝉より鳴かぬ蛍が身を焦がす》

一生のうちで最も充実している時期を盛りと言います。
「男盛り」に「女盛り」、「伸び盛り」、「食べ盛り」などと言いますが、蛍も蝉も盛りが非常に短いわけですね。

蛍は卵から成長になるまで1年から2年かかりますが、幻想的で美しい光を放つ期間はつかの間です。

蝉も地下での生活は数年ありますが、地上に出て、思い切り鳴ける期間は非常に短いのが現状です。

だから、儚い命を象徴する言葉に「蛍二十日に蝉三日」があります。
日本人の平均寿命は世界一ですが、健康でいられる「健康寿命」は、男女とも何歳もギャップがあります。
身も心も元気なうちに素敵に輝きたいものですね。

また、「鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす」と言う諺があります。
諺と言うより、江戸時代に三味線に乗せて歌われた大衆芸能のドドイツ(都都逸)と表現した方が適切かもしれませんね。

言葉の意味は、口に出して何かとモノ申す者より、口に出して言わない者の方が、心の中でしっかり思っていると言うことです。

標題の「恋に焦がれて鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす」は、恋に焦がれてままならぬ恋をうたった歌ですが、あまり好きだ!好きだ!と言わない人でも、内心はとても好きだと感じている人もいます。
ちなみに、恋に焦がれるとは、激しく募ってくる、恋への情です。

若かりし頃に、好きな人が出来て、正面から「好きだ」といいたくても、どうしても言えなかった、そんなもどかしい経験をした事はありませんか?

チョッとした事でも気軽に言える人と、思いは人一倍あるのに、どうしての言えない人では雲泥の差があります。

ではどうするか?
酒の力を借りて告白する手も有ります。
しかし、アルコールは特効薬にはなりません。

そうなると、告白する時のセリフやムード作りでしょうか?
残念ながら、これもそんなに効果は期待できそうにありませんね。

酒でもなく、セリフでもなく、ムードでもないとすれば、思い悩むところですね。結局100%成功する告白の仕方はないのではないでしょうか?

あえて言えば、告白するタイミングが、とても大切だと思います。
タイミングと言うのは、一緒に買い物に行ったときとか、食事をしているときとかと言う意味ではありません。

互いに知り合ってある程度の時が経過して、互いが互いを理解し合って、この人となら仲良く付き合っていきたいと感じた時がベストだと考えます。

そして、回りくどい言い方や、きざな言い方や、酒の力を借りて告白するより、真摯な態度で、相手の目をキチンと見て、素直に、ストレートに言えば良いと思うわけです。

もし、振られても、しつこく追い求めるより、「残念です!」と言って素直に引き下がるのもお勧めです。事態が好転するかもしれませんね。

お釈迦様は「幸福は愛他の気持ちから生まれ、不幸は自己本位から生まれる」と説いておられます。

本当の幸せは他人を愛する気持ちから生じ、自分本位の気持ちは不幸にしかならないと言う意味です。

世界一平均寿命の長い日本人の人生、愛する人と共に歩むと言うことは大変素晴らしいことだと思います。

好きな人が出来たら、指をくわえているだけではなく、勇気を出して告白してみるのもお勧めです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

21

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ