コラム

 公開日: 2014-06-08 

マナーうんちく話748《長寿社会と「蛍雪の功」》

じっとりと蒸し暑い日が続いておりますが、今年もホタルが飛び交う頃になりましたね。

日本の初夏の風物詩として古くから人々に愛され、歌にも詠まれた蛍ですが、腹部に発光器を持つのは、平家ボタルや源氏ボタルに限られています。

七十二候の26番目に「蛍草為蛍(ふそうほたるとなる)」(6月11日から15日頃)とあるように、昔の人は気温が高くなり、湿度が上昇してくると、草が腐り、その草の下から蛍が生まれて来ると考えていました。

腐った草が蛍に変身するわけですね。
また、日本で最も良く見かける源氏ボタルの名前の由来は、平清盛に敗れて命を落とした源頼政の霊魂が蛍になった説と、源氏物語に登場する「光源氏」に由来する説があります。ちなみに、平家ボタルはこれに対する名前です。

いずれにせよ、夏の夜空に飛び交う蛍は風流の代名詞のような物で、娯楽の少なかった昔は、「ほたる見」という遊びが高貴な人の間で流行していたようです。

さらに「ほたる船」が用意され、船の上で飲食を伴いながら、ほたる見を楽しんだ記録も有るようですね。

ところでホタルと言えば、「仰げば尊し」とともに、卒業ソングの定番であった「蛍の光」の曲を思い浮かべる人も多いと思います。
我々が学生時代には、「君が代」と共に一番良く歌い、聴いた曲です。

当時は曲の意味が全然わからないまま歌っていましたが、そこに込められた一節一節には、大変深い意味があり、後世に是非伝えたいと思うわけですが、残念ながら、最近では意味不明の横文字の中に埋もれて失せてしまいそうですね。

蛍の光窓の雪・・・。
豊かになった現在には程遠い意味ですが、昔は電気がありませんので、夜は油で照明をとっていました。

しかし、貧しくて油が買えない人も多くいます。

夜になれば昼間の仕事から解放され、本を読んで勉強することができます。
そこで、油が買えない人は、夏は蛍を集めて明かりをとり、冬になると雪の明かりで本を読んで、勉強に勤しんだわけです。

蛍の光で本当に、夜に本が読めるか否か?
実験したわけではありませんのでなんとも言えませんが、「苦学」をイメージさせるフレーズです。

先人は、それくらい努力して立派な大人になったわけで、「蛍雪の功」と言います。大変響きのいい言葉だと思います。

やはり、幼い頃より苦労して、大人になって成功した人は、人の苦労が理解できるから、何かと頼りになりますね。だから、若い時の苦労は金を払ってもする価値があるわけです。

勿論、買ってまで苦労する必要はないかもしれません。
苦労と無縁の生活が出来るのに越したことはありません。

しかし、世界一長寿の長い人生、苦労に縁の無いことは考えられません。
だったら、まだ若くて、身体も元気で、回復力があるうちに苦労を経験し、耐える力を身に付けた方が良いと考えるわけです。

第一、若い時の失敗は笑ってすまされる場合も多々あります。マナーにしてもしかりです。

但し、苦労し過ぎて、気持ちが卑屈になり過ぎるのも考えものですね。
どこで妥協するかは、10人10色だと思います。

戦国時代の武将山中鹿之助は、お月様に向かって「我に七難八苦を与えたまえ」と言ったそうです。500年位前は、人間は苦しみと困難からのみ成長できると思われていたのでしょうか?

七も八も数の多さを表しますが、現代なら七の福、八の楽を望む人も多いと思います。しかし、世界屈指の長い人生における若い頃に、ある程度の苦労や挫折を経験することもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ