コラム

 公開日: 2014-06-01 

マナーうんちく話745《「衣替え」と「クールビズ」》

旧暦の6月は非常に暑くて、水が枯れ尽きるから「水無月(みなづき)」と言いますが、他にも、田植えが終わって農事が「みな尽きる」、田植えが終わって田んぼごとに水を張る「水張り月」であるという説があります。

以前は、この日を境に官公庁、学校、企業では夏服に変わりますが、気候により服装を変えるのは、四季が明確に分かれている日本ならではの風習で、「衣替え」と呼ばれていました。

衣替えは平安貴族の宮中での行事から始まった風習です。
当時は、官位を表す衣服を6月1日と10月1日の季節の移り変わりに合わせて着替えていたから、「衣替え」と呼ぶようになりましたが、一般庶民は生活が貧しく、恐らく季節により衣服を変えるような余裕は無かったと思います。

そして、江戸時代になると武士の世界ではさらに細かく分かれ衣替えは年4回になり、明治になると、官公庁の職員や学校などでも洋服が着られるようになり、政府も6月と10月を衣替えの月と定めました。それが一般まで普及し今日に至り、今ではスーパークールビズになりましたね。

現在の日本は世界屈指の豊かな国になり、衣食住全てが恵まれており、服装も今日は何を着て行こうか?着る物が多すぎて迷うほどです。

加えて、ファッションにもこだわる人が増え、個性だとか自由が尊重され、和服を除き、普段の服装に厳然とした境目は無くなりました。

さらに、冷暖房が完備されて、6月の衣替えを改めて行う人も以前よりは、かなり少なくなりました。
文明の利器はすごいですね。

つい半世紀前までは、団扇、扇風機、打ち水、風鈴等により涼をとっていたものが、クーラーの登場により夏の過ごし方が激変しました。

しかし、現代人にとって欠くことのできないエアコンは、地球温暖化を促進します。だからそのエアコンの温度を高めに調整することで、少しでも温暖化を防止しなければいけません。

酷暑の中でエアコンの温度を高めにすれば当然仕事が行いづらくなります。
そこで軽装にして楽な格好で仕事をしようとする官製キャンペーンが、2005年の小泉政権からはじまったわけです。

これが「Cool Biz(クールビズ)」で、ファッション業界では、快適でお洒落感をうたった衣服が多く登場し、クールビズ商戦が展開されているのはご存知の通りです。

ちなみに、クールビズのきっかけは京都議定書の発効で、Cooとは「涼しい」、Bizとはビジネスの短縮形です。

上着を脱ぎ、ノーネクタイにして服装を軽装にして、暑さを乗り切ろうとすれば、だらしない格好と捉えられる恐れがあります。そのため、政府がお墨付きを与えることにより、ラフな格好でも礼を失することにはならないとしました。

それがさらに拡大され、期間も今までの6月から9月までとされていたのが、5月1日から10月31日までになり、服装もよりカジュアルになってきましたね。

地球温暖化防止と言う大義名分の下、「気軽な服装で良いよ」とのお墨付きで、ルールとして許可された感がありますが、本来服装はまとう側が、体調や状況などTPOに応じて決めればいい事で、ルールとして捉えるのではなくマナーとして決めるべきではないかと私は思っています。

最近国際化の進展のせいでしょうか、「クールビズ」「ワークシェア」「マニフェスト」「チャージ」のような横文字がやたらと増えてきました。

季節の節目に、着物を改め、気分をリフレッシュする「衣替え」と言う美しい言葉は、自然を大切にし、自然と共に仲良く暮らしてきた先人の言葉で、資源循環型社会の原型であり、自然へのマナーです。

地球温暖化のせいにして、1000年以上続いた言葉が変化していくのは寂しい限りです。クールビズの本質は地球の環境を守ることです。だったら、ラフな格好するより、地球に素敵なマナーを発揮することが筋だと考えます。
ルールとマナーを履き違えないようにしたいものですね。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1451《万物が躍動する時です。「人脈づくり」に励みませんか?》

先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、百花繚乱と言われるように多くの花が咲き乱れ、新芽が萌え出し、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1447《「穀雨」の頃、雨や風のない人生には輝きがない》

「春は嵐と共にやってくる」とか「春に3日の晴れ無し」とも言われますが、春の天気は人の心と同じように、移り変...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ