コラム

 公開日: 2014-05-18 

マナーうんちく話738《人生を素敵に彩る言葉のお洒落①》

立夏を過ぎ、春を華やかに彩る花が一段落すると、「卯の花」が夏の到来を知らせてくれます。

また、陰暦4月の異称は「卯月」ですが、これは卯の花が咲くからという説が有力です。

また、「うの花の 匂う垣根に 不如帰早もき鳴きて 忍音もらす 夏は来ぬ」と歌われていますが、梅に鶯、萩に鹿、紅葉に猪のように、卯の花には不如帰(ほととぎす)が万葉の頃からお似合いとされています。

「卯の花」といえば、大豆から作られる「オカラ」を思い起こす人も多いと思いますが、卯の花が散った状態はオカラとよく似ていますね。

また、可憐な白い花は雪にも良く似ているので「雪見草」とか「夏雪草」という素敵な名前が付けられています。

今、夏と言えば「クールビズ」とか「超クールビズ」の言葉に振り回され、夏の訪れを知らせてくれる純白の花に目を向ける人も少なくなりましたが、先人の風流な自然観は、また別の角度から地球の温暖化を抑制する効果があると感じます。

豊かな感性を、美しい言葉で表現した先人には見習うべき点が多々ありますね。
5月18日は「言葉の日」です。

「こ(5)、とば(18)」の語呂合わせで、正しい言葉遣いをしましょうと定められた日です。

昔から教育の根源を成すものとして、「読み・書き・ソロバン」と言われてきましたが、「読む」とは相手が伝えたい事を正確に理解する事で、「書く」とは自分が伝えたい事を正しく表現することですが、その土台は言葉です。

そして、世界屈指の長い歴史を有し、四季があり、自然と共生してきた日本には、独特の美しい言葉が多々あります。

特に、このコラムでも何度も触れましたが、季節や天候等の状態を細かく表現するものには、美しい言葉が多いですね。

先人が、四季と真摯に向かい合い、長い時間をかけ、色々な思いを込めて作った数多くの美しい言葉には、心が和む雅やかな響きが感じられ、日本語の持つ美しさを改めて感じます。

日本人を改めて実感するとともに、自然に寄り添い、自然を美しい言葉でお洒落に描写する先人にも、教えられるものは多々あります。
挨拶、手紙、メール等でも積極的に使用したいものです。

国際化の進展と東京オリンピック開催決定に伴い、英語教育が益々盛んになって来ています。

幼い子に英語を教えるのも良いかもしれませんが、先ずは、目先に存在する日本語を正しく理解することも大事ではないでしょうか。

そして、日本の歴史、文化、礼儀作法を始め、地域のしきたりや慣習をしっかり学んで、その素晴らしさを世界に向けて発信したいものです。

5月1日から「クールビズ」が始まっています。
地球規模での温暖化を防止するために、冷房の温度を高めに設定し、二酸化炭素の排出量を少なくしようとする試みには異論はありません。

しかし、四季が明確に分かれている日本には平安の時代から「衣替え」という美しい言葉が存在し、環境の変化に上手に対応してきた歴史があります。

取って付けたような「クールビズ」という言葉が先行し、衣服に対するお洒落が強調されがちですが、「衣替え」という、日本の四季を象徴するお洒落な言葉が失せて行くのは寂しいですね。

くわえて、最近はやたらと横文字が多くなり、それと共に日本の美しい言葉が言葉としての機能をはたさなくなり、忘れ去られている気がします。

日本人として何が大事か、もう一度考えたいものですね。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ