コラム

 公開日: 2014-05-17 

マナーうんちく話737《「縁の下の力持ち」とマナー》

ホームセンターに行くと夏野菜の苗が目立つ頃になりました。
最近は苗の販売も年々早くなり、4月下旬にはお目見えしますが、「八十八夜の忘れ霜」「九十九夜の泣き霜」といって、立春から数えて88日目や99日目に霜に見舞われ、被害をこうむることがあります。油断大敵です。

しかし、さすがこの時期になると霜の心配も無くなるので、カボチャ、スイカ、茄子、ピーマン、トマト、トーモロコシなどの夏野菜を移植します。

その際「ミミズ」を良く見かけるようになります。
ミミズは手も足も目も有りませんので「見えず」が、やがて「ミミズ」になったと言われております。

ミミズは、土の中にいますので目立ちませんが、初夏の訪れを告げてくれると同時に、畑の土を理想的な状態にしてくれる大変ありがたい生き物です。
つまり、野菜や果物が喜ぶ肥えた土壌を作ってくれる「縁の下の力持ち」です。

最近は住宅事情も大きく変化したので、「縁」を知らない人も増えてきましたが、縁側の事です。だから縁の下と言えば、表からは見えない縁側や床の下です。

縁側や床下には家を支える土台があり、縁の下の力持ちとは、その土台を力持ちに例えたわけです。

従って、「縁の下の力持ち」とは、他人のために努力する人のたとえです。
表舞台で活躍する人を、見えない裏で支える人で、比較的報われることの少ない人ですね。

日本独特の慣用句に「内助の功」がありますが、これと良く似ています。
内助(ないじょ)の直接の意味は、内部からの援助ですが、「賢い妻」とか「立派な妻」の意味もあります。

従って「内助の功」と言えば、夫の外での働きをサポートする妻の功績を意味します。

昔は男性優位の社会で、妻は目立たぬ存在だったので生まれた言葉だと思いますが、現在は女性の社会進出が目覚ましく、最近はあまり口にしたり耳にしたりすることが少なくなりました。

加えて歌舞伎や文楽で、黒い服と黒い頭巾を着用して、舞台装置を扱ったり、役者の手助けをする人がいます。
黒子(くろこ)と呼ばれていますが、「黒衣(くろご)」のことです。

「縁の下の力持ち」も「内助の功」も「黒衣」も、表には出ないで裏方に徹する点では共通していますが、人間が出来ていないと難しそうです。

特に上司はこうありたいものですね。
部下が上司に花を持たせる必要はあまりないと思いますが、上司は部下に花を持たせることは良いですね。

上司は部下に対し、必要に応じてアドバイスはするが、旨く出来たら部下を褒めて、手柄は部下に譲れるような上司は素晴らしいと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

人はとかく自分の事を良く思われたいものです。
だから人に自慢話を、つい、したくなります。

しかし、人に自慢話はしないのがマナーです。
なぜなら、人に自慢話をするのは気持ちいいですが、聞かされるのは気持ち良くないからです。

縁の下の力持ちもマナー美人も、人の手柄を素直に喜び、自慢話を笑顔で聞ける人です。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ