コラム

 公開日: 2014-05-15 

マナーうんちく話736《日本人とお茶と「おもてなし」》

講演であちらこちらに行く機会が多々ありますが、その際、茶菓の接待をよく受けます。

和室に通されて日本茶に和菓子、あるいは応接室に案内されてコーヒーや紅茶を頂く等、様々ですが、部屋の清掃が行き届いていたり、出された飲み物がおいしかったら、その組織全体の暖かい気持ちをくみ取ることが出来る気がします。特に美味しい日本茶を頂いた時は格別です。

「日常茶飯事」と言う言葉があります。
「いつもの風景」や「いつもの事」の意味で、お茶を飲んだり、食事をするようなありふれた行為や出来事で、なんら奇異でないことです。

日本人は、昔から食事をしたり、休憩したり、あるいは客人をもてなす時にはお茶を用意したわけです。

そして、お茶を介して独自の「もてなしの文化」を育んできましたが、その遺伝子が意外にも、ペットボトルのお茶が全盛になった今でも生きています。
やはり日本人なのですね。

例えば、和風レストランやうどん屋や寿司屋、あるいはバイキングスタイルの店ではお茶を出してくれます。

ビールやジュースをオーダーすると当然料金が加算されますが、日本茶は何杯飲んでも料金がかかりません。

これは他国では見られない、日本人独特の、客に対する、暖かいおもてなしの表れではないでしょうか?
店側が、いかにお客様を大切にしたかですね。

昨年、東京オリンピック招致委員会のプレゼンテーションで、「おもてなし」の言葉が大きな話題を呼んだことは記憶に新しいことです。

そして、外国から日本にやってくる外国人をおもてなしするために、英語教育が盛んですが、その前にやるべき事があります。

本当に外国人が学びたいのは、日本独特のおもてなしの心で有り、英語そのものではありません。

先ずは、日本人が美味しいお茶を入れて、来客の喉を潤すと共に、心と心の交流を図るスキルを身に付けるべきだと思います。

そのためには、家庭や職場で、来客をもてなす実践のスキルを磨くことが大切だと考えます。

日本茶の歴史や健康効果等の知識、美味しいお茶を入れ方、加えて、もてなしの仕方・され方のマナーを身に付け、それを外国人に実践する手段として英語が出来ればいいですね。

世界広し!と言え、お茶を飲まない国や民族は無いと思います。
茶の種類や飲み方や伝統は違っても、「ふれあいの心」は同じだと思います。

中でも、日本が誇る茶文化の根源を成すものは「おもてなしの心」です。
昔より、人と人とがふれあい、その媒介としてお茶が存在したわけで、だからこそ文化として栄えたのではないでしょうか。

物質的豊かさや利便性に重きが置かれる中、ペットボトルのお茶の存在意義は大きいのでしょうが、こんな時代だからこそ、本物の持つお茶の豊かさを再度認識して頂きたいものです。

お湯を沸かし、急須に茶葉を入れ、そこから注がれる緑茶の香りや美味しさは、ペットボトルでは味わえない魅力が多々あります。

そして、そんなお茶を味わうひとときを、誰かと共に味わうことは、最高に贅沢な時間です。心を込めて、丁寧に入れたお茶を客人に出す心が、相手に伝わるような、温かい触れ合いを、家庭でも職場でも大切にしたいですね。

そうすることによって、互いに心が打ち解け、会話が弾み、やがて信頼関係へとなびいていくものです。

新茶の美味しい時期です。是非お試しください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1603《「小寒の氷 大寒に解く」。物事は思い通りにはいかない・・・。》

3月から4月並みの気温が続いていますが、1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。暦の上では一年で一番寒い...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ