コラム

 公開日: 2014-05-11  最終更新日: 2014-05-13

マナーうんちく話734《来客のお迎えのマナー(家庭》》

前回「帰り際のマナー」に触れましたから、今回は「来客のお迎えのマナー」についてです。

来客を迎える時には、真心をこめて、明るい笑顔で、丁寧に対応することが何より大切です。

何事も最初が肝心です。
最初の対応は、その家や職場の第一印象を決定づけ、後に続く事になりますので、大切にして下さいね。

さらに、前回触れた別れ際を大事にすれば鬼に金棒ですね。
とにかく、最初と最後が大切だと言うことです。

さて、自宅にお客様をお迎えする時には、不必要に形にこだわるより、心を通わせることを重視して下さい。

お客様が心地良い時間を過ごして頂くために、玄関、客間、トイレ等を綺麗にしてお迎えして下さい。
季節の花等が有ればなおいいです。

「花を愛でる人は心清き人」とか「花の好きな人に悪人なし」と言われますが、花の効果は意外に大きいですよ。

花が有れば込み入った打ち合わせの時でも、イライラなどのストレスが軽減される、不安な気持ちを和らげる、怒りが静まります。

さらに身体が自然に楽になる、活気が出る、心が華やぐ等の効果が期待できるのでぜひ、お勧めします。

そして茶菓の用意が必要ですね。
客人の年齢や季節や時間に応じて用意して下さい。

玄関でのお迎えは、先ずは「いらっしゃいませ」の挨拶ですが、雨が降っていれば「雨の中を、ようこそいらっしゃいました」、寒い時期なら「お寒い中・・」等の言葉を添えることで、来客に対し思いやりの気持ちが伝わります。
少々大袈裟と思われる位の言い回しが良いでしょう。
是非実行してみて下さい。

玄関でのお出迎えの挨拶は簡単に済ませ、早速部屋に案内します。
上座を進め、ここで本日一番の挨拶を取り交わします。

上座(かみざ・じょうざ)とは、その部屋で最も心地良い場所で、身分の高い人や客人が座る所で、床の間の近くや入口から最も遠い場所、景色のいい場所等です。

これに対し、もてなす側が座る場所は下座(しもざ・げざ)と言い、入り口から近い場所になります。

手土産が有ればお礼と共に丁寧に受け取り、次に茶菓を出します。
日本茶やコーヒー、紅茶などの飲み物は右、お菓子やケーキは左です。

なお、客人が持参した土産物は、客に敬意を込めて「おもたせ(お持たせ)」と呼びますが、親しい間柄で早く頂いた方が良いものであれば、早速その場で喜びを分かち合えば良いでしょう。
臨機応変に対応して下さい。

お帰りが近くなれば、玄関に客人の靴を中央部に揃えておきます。
左右の靴を3㎝くらい離して置けば、履きやすくなります。
訪問して頂いたお礼と、お見送りを丁寧にして下さい。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

31

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

マナーうんちく話1671《厳格に執り行われた?武家社会の結納と婚儀》

日本は四季に恵まれ農耕文化で栄えた国で、自然との共生も大切にしましたが、意外に昔から恋愛や結婚にはおおらか...

[ 結婚のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ