コラム

 公開日: 2014-05-07 

マナーうんちく話732《鳴かぬなら鳴くまで待とう・・・》

丁度今頃の季節でしょうか、初夏に、新緑の間を吹きぬける爽やかな風を「薫風」と表現します。青葉の香りの風を薫風と呼んだのはさすがですね。

また、薄緑色から次第に青々とした緑に変わるこの時期は、推移する自然の様が最も感じられる頃ですね。

改めて、四季の美しい国に生まれ育った事に感謝したいところですが、先人は、四季の移り変わりを愛で、四季それぞれの美しさを歌に詠んでいます。

春は花 夏ほととぎす 秋は月
冬雪さえて すずしかりけり (道元)

春は桜が咲いて、夏はホトトギスが鳴き、秋は月が美しく、冬は雪が冷たく冴えて、自然に四季が巡る。

曹洞宗の開祖である道元は、すぐれた歌人でもあり、自然と人間のありのままの姿を見事に歌い上げています。

ちなみに、ここで歌われている夏は、旧暦の4月から6月の3ヶ月間ですが、夏はホトトギスと詠まれていることから、当時の人々にとって、ホトトギスの鳴き声は魅力的だったのでしょうかね。

では、ホトトギスを鳴かせるにはどうしたら良いのでしょうか?
色々な方法があります。

「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」と詠んだのは織田信長です。

一方、「鳴かぬなら鳴かしてしまえホトトギス」と豊臣秀吉は詠んでいます。

そして、「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」詠んだのは徳川家康です。

名だたる3人の武将の性格の違いを端的に表現した言葉として、現在に至るまで語り継がれているのはご承知の通りです。

時と場合にもよりますが、皆様はどのタイプでしょうか?

ちなみに、「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」は、信長の「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」と、秀吉の「鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス」を受けた句で、信長の冷酷さや秀吉の強引なやり方に対して、我慢や辛抱することの大切さを表現しています。

約250年もの長きに渡り、平和な政権の基盤を作った家康の句には、重みが感じられますね。今でも実業家の多くが、家康のこの句の教えを見習っているのがわかる気がします。

ホトトギスを鳴かせる、つまり、ある目的を達成するには、それなりの我慢や忍耐力が必要です。

然し、ただ耐えるだけではありません。
出来る事を実行する知恵も大切です。

加えて、時として我慢にも限界があります。
どこまで我慢し、どこで攻撃に移るか?
それを正確に識別する能力も必要です。

つまり、大切な物を得るには時間や知恵や努力、さらに毅然とした行動に移るタイミングを把握するが必要と言うことです。

しかし、とりあえずは我慢です。
我慢するということは、自分自身の感情を上手にコントロールすることで、人格形成において、とても大切なことです。
以後の人生に大きく影響します。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ