コラム

 公開日: 2014-04-23 

マナーうんちく話725《「忘年の交わり」のお勧め》

今まで、平成生まれの新入社員と昭和生まれの先輩・上司の接し方に触れて参りましたが、組織全体が、新入社員を温かく迎え、共に頑張っていこうと言う姿勢を表現するために、「忘年の交わり」をお勧めします。

忘年と言えば、年末にその一年間にあった様々な苦労を忘れるための宴会、つまり忘年会をイメージされる人も多いかもしれませんね。

勿論その意味もありますが、ここでの「忘年の交わり」とは、相手との年齢の違いを忘れ、親しく交際することで、酒とは無関係です。

若い新入社員は卑屈になることなく先輩や上司に親しみを感じ、先輩や上司は偉そうぶることなく、年少者へ敬意を抱くことも必要です。

老若男女には、それぞれ長所も有れば短所も有りますが、こうした雰囲気の中で、互いに優れている部分は認めあい、学び合うことこそ大切だと考えます。
ポイントは短所を指摘しあうのではなく、長所を認め尊敬しあう気持ちです。

その気さえあれば、新入社員はつとめてベテラン社員と交わり、その知識やスキルを学び、ベテラン社員はあえて新入社員と交流を深めることで、新しい感性を身に付けることができます。

そして、このような真摯な触れあいの中で、互いに成長しあい、相互の信頼関係が構築され、ひいては組織が発展する源になります。

加えて、新入社員を孤立させる事無く、組織全員参加で、研修会や花見や運動会やクリスマスパーティーなどを開催し、セクションや立場を超えた、老若男女の交流を積極的に図ることをお勧めします。

特に社員の慰安旅行等はお勧めです。
ちなみに、和食がユネスコの世界無形文化遺産に登録されて以来、和食のテーブルマナー講座が大人気で、県内のあちらこちらで開催していますが、職場単位でこのような講座を受講されることもお勧めです。

なぜなら、和食は豊かな精神文化を有し、絆を深める知恵が沢山存在するからです。

いずれにせよ、共に食事をすることはとても有効です。
このコラムでも何度も触れましたが、共に食事をするということは、「あなたのことをもっと理解したい」「貴方とさらに交流を深めたい」と言う意味があります。

勿論、酒の席を共にすることもお勧めです。
農耕文化で避けた日本では、穀物が豊作になるよう、神様に酒をお供えして神事を執り行いました。そして神事が終了した時にその酒を下げて神事に参加した人が共に飲み合ったことから、日本では、酒を共に飲むことは「絆を深める」と言う意味があります。

さらに、新入社員にとって、「この組織で、この職場で、これから頑張っていこう!」と思える、前向きの姿勢や魅力的な経営内容と社風づくりも大切です。

平成の新入社員・職員は企業や組織の宝です。
20年、30年後は、平成生まれの若者が牛耳っているはずです。

彼らの事をキチンと理解し、彼らにマッチした教育で、彼らの強みを上手に活用したら、企業はますます成長できます。

今、海外から新しいコミュニケーションに関する学問がブームになっているようですが、「和する心」を大切にした日本人ならではの交流の深め方も健在です。

「最近の若い者は・・・」の言及が、単なる愚痴になって、「先輩・上司」が、「時代の流れに適応できない」と言うことにならないように、誇りと自信を持って前向きに取り組んでいきたいものですね。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ