コラム

 公開日: 2014-04-21 

マナーうんちく話724《平成の新入社員と昭和の先輩・上司の接したか④》

○「黙してこれを成し、言わずして信なるは徳行(とっこう)に存(そん)す。」と言う言葉が有ります。

地位や能力で新入社員を引っ張っていくことも大切ですが、先輩や上司の持つ「人間的な魅力」で信頼関係を築き、新入社員を引っ張っていくことも大切です。
先輩や上司は、日頃から「日々挑戦」の精神で、人間磨きに励むことでが大切であると考えます。

○先輩・上司は部下に誇れる「何か」があることが理想です。

「何か」は、一芸に優れたモノが理想ですが、仕事上のスキルでも、人柄でもいいです。それが無ければ、新入社員の顔色ばかり伺うようになります。
故地論仕事に対する経験がありますから、最初は有利ですが、欲を言うなら経験+αが欲しいところですね。

○素敵なマナーの修得

どんな仕事でも職場でも、つまるところは人間関係です。
そして良好な人間関係作りには素敵なマナーが必要不可欠です。

以前も触れましたが、マナーは新入社員のために存在するのではなく、上に立つ人、指導的立場にある人が率先して身に付けるものです。

いくら新入社員がマナーを身に付けても先輩・上司が無関心なら本末転倒です。
多様なマナーを身に付け、人間力を磨いて下さい。

要は、新入社員から嫌われる先輩・上司ではなく、尊敬される人になるよう、心がけて下さい。

ちなみに、嫌われるタイプは、「仕事の失敗を部下のせいにする」「部下の意見を聞こうとしない」「態度が横柄」「その日の気分により言うことやすることが異なる」「いざという時に連絡が取れない」「短気で怒りっぽい」「相手の立場や地位によって異なる態度をとる」等が挙げられます。

一方、尊敬されるタイプは「仕事に関する責任はキチンととれる」「リーダーシップがある」「決断力を有する」「部下を責めない」「部下の意見をキチンと聞く耳を持っている」「雑用と思える仕事でも自ら実行する」「偉そうに振る舞わない」「先手必勝の挨拶が出来る」「仕事の指示を出したら不必要に口出ししない」「後輩や部下にも相談する」等が挙げられます。

「仕事は盗む物」だった時代は過ぎ、今では「細かなサポートしながら仕事の手ほどきをする」先輩・上司に好感が持たれるようになっています。

つまり、仕事を教える側も、教えてもらう側も程良いコミュニケーションが不可欠です。先輩上司と新入社員との距離を縮める努力が大切です。

先輩・上司と新入社員同士で固まることなく、異世代同士の交流も積極的に図ることですね。

ランチを共にして、美味しくて楽しい一時を共に過ごすとか、仕事が終了した後の飲み会などにも積極的に行うことをお勧めします。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ