コラム

 公開日: 2014-04-15 

マナーうんちく話721《平成の新入社員と昭和の先輩・上司の接し方②》

そのためには、受け入れる側、即ち昭和生まれの先輩や上司が、社会の構造変化がもたらした時代の流れを正しく認識し、彼らの事をキチンと理解し、真摯な態度で、彼らと向かい合っていくことが必要ではないでしょうか?

時代の流れにマッチした新入社員教育が求められると言うことです。

それでは、変化してきた状況に適応した対策について触れて参ります。

 先ずは、「平成の新入社員は難しい」と言う声は、「学校で学ぶ学力」ではなく、仕事に対する「全般的な心の問題」として捉える必要が有ると考えます。

そして、そこが、自分の世代とは大きく異なるという事を充分考慮したうえで、「あせらず、じっくり育てて行く」心構えが大切です。

加えて、平成生まれの新入社員に、「何を教えるか?」「どのように教えるか?」を明確にした育成計画も必要でしょう。

大まかな計画でも良いですが、出来れば、なるべく細かな計画を立て、一つずつ確実にこなしていくことがお勧めです。

■何を教えるか?
○ビジネス社会の現実を理解させ、「働いて給料を稼ぐとはどういうことか?」「組織とは何か?」、さらに「働く喜び」「仕事の喜び」等。

これは新入社員のみならず誰にとっても難しい課題です。
特に新社会人にとって、組織で働く難しさや喜びを感じることはかなり困難な事でしょう。

夢や希望に満ち溢れ社会人の仲間入りした若者が、そろそろ「こんなはずではなかった」と挫折するかもしれません。

そこで、直ぐに夢を追い求めるのではなく、先ずは「焦るな!」「早まるな!」です。

そして、今はただ、目の前の仕事を理解して、一生懸命やり遂げることが大切だと言う事をキチンと教えてあげて下さい。

○自分の事より優先しなければいけない、「職場のルールやしきたり」が存在すること。

仕事始めは職場のルールを把握することからですが、職場には、成文化された職務規定以外に、長い間の慣習により成り立っている、職場独特の「しきたり」や「ルール」も存在します。

これらは職場の「和」を保つためにできた物が多く、良好な人間関係を築く上で大切なものです。無駄に思える物も存在するかもしれませんが、先ずは尊重し守ることからです。

○職業人としての「マナー&コミュニケーション」及び「業務に必要なスキル」。
特に、職場における基本的なマナーは必要不可欠です。

新入社員に無理押しするのではなく、先輩・上司が身を持って素敵なマナーを発揮して、良き手本を示すべきです。

ちなみに、日本で成文化された最初のマナーは、聖徳太子が公布された「17条の憲法」だと言われていますが、これは当時の貴族や高級官僚に対してのものです。加えて、西洋でもマナーは、国王、諸侯、貴族、騎士のプロセスを経て広まっています。

新入社員より、先輩・上司が身につけるべきです。

○不易流行的側面、つまり、時代の流れに沿った教育も大事ですが、如何に時代が変わろうとも変えてはならない部分、例えば「下積みの苦労」「我慢すること」「耐える事」「他者を思いやること」等。

以上ですが、次回は「どのように教えるか?」、具体的に触れて参ります。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1509《改めて考えたい「終活」の意義と意味②》

【終活の捉え方】人生の終わりに向けて自分らしい終わり方ができるように、身も心も元気なうちにとる様々な準備...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1508《改めて考えてみたい「終活」の意義と意味》

【はじめに】最近やたらと「活」がつく言葉が氾濫している気がします。「就活」「婚活」「恋活」「離活」「産...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1507《感性が磨かれる秋立ちぬ頃》

中山間地域に住んでいると、厳しい暑さが続く中にも、この時期になるとトンボが飛び交い、朝晩の風に心地よい涼し...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ