コラム

 公開日: 2014-04-13 

まなーうんちく話719《「十三参り」と「躾」と「マナー」》

桜前線が通り過ぎると、桜団子や桜餅から、老若男女に不動の人気を誇る「ヨモギ団子」「ヨモギ餅」が出回る季節です。

ヨモギは日本ではどこでも生息しておりますが、お餅を始め、お茶やお灸の材料にもなるので、今でも大変重宝されています。

そして、古くから食べる、飲む、漬ける、匂いを嗅ぐ、も草にする等の万能薬であり、日本を代表するハーブと言えるのではないでしょうか?

特に今頃に摘んだヨモギの新芽は、邪気を払うとされています。
旬の草木はエネルギーに満ち溢れており、春の七草や桃や菖蒲には邪気を払う効果があると言われますが、旬のヨモギも同じ理屈です。

ところで西洋ではこの頃に「イースター」、つまりキリスト教ではとても大切な「復活祭」の日があります。

では、「十三参り」をご存知でしょうか?旧暦の3月13日、現在では4月13日ですが、数え年で13歳になった男女がお祓いを受け、さらに知恵や健康を授かるために、親子で日頃からお世話になっている神社仏閣へお参りする日です。

「マナーうんちく話173《満年齢と数え年》」を参考にして頂ければ、よりご理解いただけると思いますが、数えの13歳は干支(えと)が一回りして、再びスタートする歳で、昔から最初の厄年の年齢とされていたようですね。

子どもから大人の身体へ変わる頃でもあり、体調の変化も大きいから、特に注意を促したわけです。大体、小学校を卒業し、中学に入学する前にお参りしますが、地域性もあり、「七五三」程、一般的ではないようです。

昔の13歳は「元服」、つまり一人前の大人として世間から公認される日と重なり、大切な通過儀礼の一つでありました。

「13参りの日」には、肩上げをした大人サイズの晴れ着を子に着せます。
そしてこれ以後、何かあれば、この着物を着せて行動させます。
子が着物に慣れると共に、着物姿での立ち居振る舞いを身に付けるためです。

「躾」とは「身」を「美」しくと書きます。漢字は中国から伝わりましたが、「躾」は日本で作られた漢字で、「身」と「美」しいを融合させたものです。

実はこの「躾」は、着物の躾と同じなのです。
洋服や着物を作る際、仕立てが正しく行われるように「躾糸」で仮縫いしておくわけですね。

これがないと着物や洋服は狂いが生じ、うまくいきません。
従って、人間も悪い方向に進むことなく、清く正しく生きるように教えることが躾です。

現在の子は物が豊かな中で育てられます。
さらに進学率も高く、高学歴の人が多くなりました。
とてもいい事だと思います。

しかし、基礎知識は身につていますが、反面社会人として大切な、思いやり・感謝・尊敬の心、我慢すること等が希薄に思えます。

また、就職や結婚を控え、あわてて自分磨きに励む人が多いようですが、出来れば就職や結婚する前に身につけて頂きたいものです。

躾は本来、小さい頃に家庭でほどこされるべきで、外注に依存する物ではないと痛感します。

深い愛情の元、厳しすぎず、甘やかせ過ぎず、しかも子の個性も尊重しつつが理想でしょうが、親にとっては大変です。

しかし、「親は子の背中を見て育ちます」。
子どもの躾の前に、先ずは自らを正す必要があります。

自分も輝き、躾に役立つのが「生活習慣のマナー」「社会生活のマナー」「人間関係のマナー」「食卓のマナー」等です。

ぜひ、子育て、孫育て、さらに教育や食育に関わっている大人に率先して身に付けて頂き、家庭や地域や学校で発揮して頂きたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1618《どう思う?「ブランド志向」》

頭の先からつま先まで!ブランド商品で固めた人をよく見かけるようになりました。それだけ物が豊かになった...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1617《今流の男の礼儀作法③「礼儀作法は本来男のために作られた」》

マナーに関する講演や研修をかれこれ1000回近く行っていますが、その9割以上は学生、若者、女性対象です。...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1616《今流の男の礼儀作法②「今、改めて礼儀作法とはなに?」》

【希薄になった日本人の礼儀作法】朝、家族、地域、学校、職場等で人に会ったら「おはようございます」と挨拶が...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ