コラム

 公開日: 2014-04-11 

マナーうんちく話718《魚の美しい食べ方》

箸で丸ごと、つまり頭と骨の付いた魚を上手に食べる自信がありますか?

日本は箸の国です。
そして四方を海で囲まれていますから、一年を通じ様々な魚に恵まれています。

しかし、箸で頭と骨の付いた焼き魚などを美しく食べられる人は少ないようですね。

頭と骨付きの魚を綺麗に食べることが出来る人は、とても理知的で素敵です。家庭でも結構食べる機会は多いと思いますので、日頃から練習される事をお勧めします。

日本は稲作を中心にした農耕文化で栄えた国ですが、命の糧になる「米や麦等の穀物が豊作になりますように」と神様に米や野菜や魚をお供えして、神事を執り行います。

神様にお供えする魚ですから、新鮮で美しくなければいけません。
だから、捕れたてで、頭から尾までが綺麗に整っている魚が良いわけです。

そして神事が終われば、神事に出席した人が、お供えした穀物や野菜や魚を下げて皆で仲良く食べるわけですが、神様にお供えした魚を食べるのですから、美しく食べなければいけません。

だから、今でも、魚の食べ方には色々と作法が存在するわけです。
美しく食べるには次の要領を参考にして下さい。

先ずは、頭に近い部分から真ん中、そしてしっぽに向けて順次食べて行きます。
いきなり、真ん中から食べないでくださいね。

次に、上側の身を全て食べ終えたら、魚をひっくり返して食べれば比較的簡単ですが、ひっくり返して食べないのが魚の食べ方のマナーです。
これは和食も養殖も同じです。

頭を軽く左手で押さえます。
頭を押さえると言うより、少し上に持ち上げて、頭に近い所から、中骨の間に箸を二本差しこみ、しっぽのほうに次第にずらして、中骨と頭をはずします。

はずした頭と骨は皿の上側に置き、残った下の身を皿の下側におき、上の部分からしっぽに向けて食べます。

頭を押さえる時に、素手で押さえると手が汚れますので、この時に懐紙を使用すればいいと思います。

家庭ではティュペーパー等でもいいと思いますが、懐紙で練習されるのもお勧めです。懐紙に馴染み、慣れると言うことです。

懐紙は、本来は茶席で使用されますが、和食を食べる時にもとても便利な小物です。

焼き魚などを手で押さえたり、口元や箸やグラスの汚れを拭いたり、メモ用紙にもなったりで、とても重宝します。
詳しくは、「マナーうんちく話90《懐紙の優雅な使い方》」をご覧ください。

魚が美しく食べられるようになったら、魚がより好きになれます。
好きになれば、きれいに食べ、残さなくなります。

子供にも大人にも大変大切なことです。
品と言うものは、このようにして身に付くものです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ