コラム

 公開日: 2014-04-09 

マナーうんちく話717《家庭や地域で支えたい子どもの門出》

春の浮き浮きした心地良さを「春興」と言います。
野山の緑が次第に濃くなり、百花繚乱の中、緑のそよ風が吹き、鳥がさえずり、本当に、「何かいい事がありそうな」気持になりそうですね。

さて、4月は出会いの季節だと言われますが、新学期の始まりです。
子どもが晴れて、入園、入学、あるいは入社のお家も多いと思います。
まさに「晴れの門出」ですね。

日常的な普通の生活や状況は「ケ」と言いますが、入園・入学・入社、正月、結婚式等、特別にお目出度い日は「ハレの日」と表現します。

「晴れの門出」を始め、「晴れ舞台」、「晴れ着」等はここからきた言葉です。
そして家庭では、赤飯や餅や尾頭、さらに酒等で祝います。

嬉しい半面、あえて顔に出したり、口に出したりはしなくても、晴れの門出を迎えた子どもたちは、多かれ少なからず、不安や期待が入り混じった状態で、懸命に過ごす人もいます。

そんな彼らが、前を向いてしっかり生きて行くためには、家庭や地域の支えがとても大切です。

家庭では兎に角、親が子に愛情を注ぐことが大切です。
短所を指摘するより、長所を延ばすこともお勧めです。

また、子供をよく観察することも大切です。
加えて、「子は親の背中を見て育つ」と言われます。
親が子の前で素敵なマナーを発揮して、より良い生き方の見本を示すことも必要です。
特に夫婦の仲が良い事は良いですね。

さらに、地域でのサポートも欠かせません。
昔は、「親が無くても子は育つ」と言われました。

近所の大人が、我が子に接するように色々と面倒みたからです。
家庭や地域や職場における人と人との絆が欠如し、「無縁社会」と言う言葉が登場して久しいですが、これでは、いくら豊かになっても、便利になっても、子はすくすくと育ちません。

家庭にとっても、地域にとっても子は宝です。
将来、超高齢化社会を支えてもらうわけですから、出来る限り暖かく子に接したいものです。

門出を迎えた子どもが、心配や不安に負けないように、家庭や地域の大人が、おおらかな心で子に接し、しっかり支えて行くシステムや存在を再構築しなければと思います。

加えて、子どもを、かわいさあまりに溺愛せず、ある程度の苦労や我慢の大切さも教えて頂きたいものです。
失敗も沢山経験させたいですね。

マナーうんちく話525《4月の雨が5月の花を作る》でも触れましたが、将来美しい花を咲かせ、実を付けるためには、雨に打たれ、風にさらされる必要があります。

温室で育った子どもは、世間の厳しさに耐えられません。
これは学生時代には解りません。
社会人になって始めて気がつくわけですが、この時点では遅すぎます。

思いやりの在る子も、幼い時の家庭の躾の中で育まれます。
社会人になってからでは遅すぎる感があります。
甘いも、苦いも、渋いも、しっかり経験させてあげたいですね。









この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

71

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ