コラム

 公開日: 2014-03-29 

まなーうんちく話708《自分も輝き次世代にも正しく伝えたい和のマナー》

昨年12月に「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されてから、「和に関するマナー」の講演依頼が増えました。

なんだかんだといっても、日本人なら米のご飯を食べて、和室で落ち着きたいものですね。

但し、和食は西洋料理に比較して食べ方が複雑で難しいことは、確かだと思います。いくら、お洒落しても食べ方が我流でしたら、不格好になります。

しかし、凛として作法に沿った食べ方をすれば、教養がほとばしり素敵です。加えて、和食に関する精神文化も非常に奥が深く、一つずつ理解するには結構努力が必要です。

また、和食を和室で食べるとなると、和の所作が伴いますので、どうしても堅苦しくて難しいと思われがちです。

ではどうするか?
和食は「箸に始まり箸の終わる」と言われますが、箸に関する様々な知識や正しい扱い方等の基本を覚えれば、驚く位美しく食べることができます。
要は、和食の基本を身に付ければとても上品になります。

次に「和室での振る舞い」ですが、これはあくまで「他者に対する思いやりの心を具体的に表現したもの」と心得て頂ければ、意外にスムーズに身に付けることができます。

意外に触れられていないのが、和食の食事会での服装です。
西洋料理なら華麗に着飾るのもお勧めですが、和室での食事会では落ち着いた雰囲気でこじんまり纏めて下さい。

基本的には正座スタイルですから、ゆとりのある服装で、長めのスカートやパンツがお勧めです。特に個性を協調するのではなく、周囲の人や部屋の雰囲気と協調することです。また、若い人なら少し控えめに、年長者を立てる気持ちがいいですね。

髪型にも注意が必要です。
座礼が基本になりますから、その際髪が垂れないよう一つにまとめて下さいね。

そして、履き物は目立ちます。
玄関での上がり方や、失礼する時のスリッパの脱ぎ方揃え方にも気配りが必要です。

和室への入り方も難関ですね。
基本的には、襖や障子は座って開け・閉めします。
その所作にも、日本人ならではの思いやりの心が込められています。
是非、先人の思いと美しい所作を身に付けて下さい。

挨拶の仕方も細かな作法が要求されます。
誰に、どんな挨拶をするのか?で所作が大きく異なります。
正しく理解して下さい。

座蒲団の座り方も大変です。
座蒲団はクッションだけの役目ではありません。
相手に対する敬意の表れですから、座り方も大事です。

和室における席次にも、譲れない大切な決まり事があります。
床の間の知識も大切です。

前に進んだり、後ろに下がる場合も特別な作法があります。
基本を正しく理解すれば簡単にできます。

4月13日(日) 11:00-14:00「和室の作法と和食のマナー講座」では、これらを3時間に渡り解りやすく丁寧に学ぶことができます。

参加料は「食事(ミニ会席料理)+セミナー+資料」込で3500円です。
受付を開始しましたので、是非この機会にご参加下さい。

ご夫婦、祖父母、お母さんと娘さん、指導的立場にある人、教育・食育・飲食に携わる人、料理教室、婚約中、自分磨きに特にお勧めです。

詳しくは「新着のセミナー・イベント情報」欄をご覧ください。

演習を伴いますので人数に制限がございます。5人から10人位の少人数のグループなら、ご都合の良い日時をお伺いいたしますので、個別に対応させていただきます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ