コラム

 公開日: 2014-03-27 

マナーうんちく話707《和菓子と「桜餅」の食べ方のマナー》

世の中に たえて桜の なかりせば
春の心は のどけからまし(古今和歌集 在原 業平)

古来、日本人は桜をこよなく愛で、数々の歌を詠んできました。
「此の世に、桜が無かったら、そわそわすることなく、のどかな気持ちで春を過ごすことが出来るのに」と言う意味でしょうか。

「桜前線」と言われる大変美しい言葉を持つ日本ですが、桜の開花を待ち焦がれる気持ちは今も昔も変わりませんね。

桜の開花宣言が聞こえるようになり、浮き浮き、そわそわする頃になると、桜に関連した食べ物が出回ります。

「桜エビ」も旬を迎えています。
かき揚げが定番ですが、いつ食べても美味です。
そして、お菓子の世界にも桜にちなんだお菓子が多く登場します。

和菓子は基本的には、一口ずつ、切ったり割ったりして食べればいいでしょう。
小さなフォークが添えてあればフォークを使用して、左から一口大に切りわけます。また、黒文字の木から作られる「黒文字」と呼ばれる妻楊枝がついていれば黒文字を使用しますが、この際とがった部分を相手に向けないように注意して下さい。

ちなみに、黒文字はクスノキ科の落葉低木で枝に黒い斑点があります。
それを黒文字に見立てたので黒文字と言う名前がつきましたが、匂いが良いので妻楊枝として使用されるようになりました。

普通、和菓子は小皿か懐紙に乗せた状態で供されますから、切ったお菓子がこぼれないように、小皿や懐紙は持って食べても構いません。

この時、口を皿や懐紙に近かづけるのではなく、お菓子を持った手を口に近づけて下さいね、食べる時の姿勢も大切ですよ。

ところで、この時期を代表する和菓子と言えば「桜団子」と「桜餅」ではないでしょうか?

いずれも江戸時代からの歴史を有する日本人には大変なじみの深い食べ物ですが、桜餅は塩漬けされた桜の葉で餡子の入った餅を包んだお菓子です。
ほのかに桜の香りがする美味しいお菓子ですが、食べ方に迷われませんか?

桜の葉をむいて食べる方法と、桜の葉のまま食べる方がいます。
皆さんはどちらでしょうか?
また、どちらが正しい食べ方だと思いますか?

先ずは、何故桜の葉で巻いているのか?その理由を考えて下さい。

1、餅をホコリから守る。
2、餅の乾燥を防ぐ。
3、桜の香りを餅に移す。

以上3つが考えられます。
従って葉をむいて食べればいいのではと思います。

しかし、あんの甘味と葉の塩気が何とも言えないハーモニーを醸し出すので、葉のまま食べるのもお勧めです。
つまり桜餅の正しい食べ方は、お好きなように召し上がって頂ければいいと思います。

ただ、桜餅は黒文字や小さめのフォークでは正直食べ難いです。
手で持ってそのまま食べて下さいね。

従って桜餅は食べる側より、もてなす側に気配りがいるお菓子です。
食べた後の汚れた手を拭くための「お絞り」を共に出して下さい。

七十二候では只今「桜始めて開く」頃で、3月27日は「桜の日」です。
桜を通じて、日本の風土や文化に関心を持つことを目的に制定されました。

《マナーうんちく話222「何故桜で花見をするの?」》《マナーうんちく話513「日本人はなぜ花見をするの?」》のコラムを参考に、花見のうんちくでも語りながら、桜団子や桜餅をお楽しみください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1577《勧善懲悪とマナー》

前回赤穂浪士に触れましたが、それに匹敵するくらいミリオンセラーになったのが水戸黄門ではないでしょうか。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1573《品格がにじみ出る忘年会での振る舞い。好感のもたれる立ち居振る舞いとは》

今回は忘年会で、参加者としてどのように振舞えば良いのか?について触れておきます。忘年会は、いろいろな面...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ