コラム

 公開日: 2014-03-24 

マナーうんちく話705《心付けの概念とマナー》

「暑さ寒さも彼岸まで」。
昔の人は本当にいい事を言っていますね。

彼岸が過ぎ、これからは穏やかで過ごしやすい季節になりますが、暖かくなった春を喜んでいるのは人間だけではありません。

人間にとって最も身近にいる雀が巣を作り始める頃です。
雀は人間ととても密接な関係にあり、人間がいる所に巣を作ります。

そして、「山笑う頃」です。
夏は「山滴る頃」で、秋は「山装う頃」、そして冬は「山眠る頃」ですが、春になって草木の芽が一気に萌え出で、緑が日毎に濃くなっていく風情は活動的で希望に満ちています。

人の世界も同じです。
卒園、卒業、入園、入学、入社、異動、転勤等など、人の交わりが何かと慌ただしくなる時でもあり、結婚式も多くなる季節です。
そこで、数回に渡り「心付け」について触れて参りたいと思います。

心付けの概念は、欧米諸国と日本ではかなり異なります。
欧米では「Tip」と言いますが、これには色々な説があるようです。

To Insure Promptnessの頭文字、つまり「他の人より早いサービスを受けるために」と言う説や、サービスを提供してくれるスタッフに「このお金で一杯飲んで下さい!と言って渡した少額のお金」と言う説等がありますが、明確な答えは見当たりません。

一方、日本では昔からお世話になった人に感謝する心を持ち合わせ、それを具体的に表現するためにお金を渡すことは、ごく当たり前のこととして受け止められていました。

つまり、「感謝の気持ちをお金や品物に変えて渡すもの」が日本における「心付け」と認識して頂いたらいいと思います。

従って、心付けは強制されるものでも、義務でも、しきたりでもありませんので、欧米諸国の慣習的なチップとは、似ている点もありますが、基本的には異なります。

「規定の料金を支払っているのだから心付けは払う必要はない」とか、「仕事だからして当たり前。だから心付けは払わない」と思われれば、支払うことはないと考えます。

しかし、「お目出度い結婚式で係の人に大変お世話になり、生涯の良き思い出が出来たのでお礼をしたい」「旅先の旅館で係の人に我儘なお願いをしたが、快くけて頂き素晴らしい度になったので、感謝の気持ちを伝えたい」と思う人もいます。

さらに「引越しの時、料金の割には大変親切にして頂き大いに助かった。お礼を是非したい」「深夜急病で近くの先生に往診をお願いしたところ、真夜中にもかかわらず駆けつけて頂き事無きを得た。是非お礼がしたい」「親が介護施設に入居しているが、いつも係りの人が大変優しくしてくれるので安心できる。なんとかお礼の気持ちを伝えたい」「葬儀が急に発生したが、忙しい時にもかかわらず係の人が嫌みも言わず、本当に誠心誠意対応してくれたので助かった。お礼がしたい」等と願う人も沢山いらっしゃいます。

そんな時に、したらいいのか否か?するとしたら具体的にどのようにしたらいいのか?迷いがつきものです。
その際、多くの人はインターネットで調べられます。

勿論、インターネットは時と場所を選ばず瞬時に貴重な情報を得ることができます。しかし、本当に信頼できるか否か?判断に迷う答えも有るような気がします。

特に「心付け」に関しては多様な答えがあり、インターネットやマナー教本だけでは正直心細いと思いますので、あくまで平松流ですが、多様なシーンについて触れて参ります。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ