コラム

 公開日: 2014-03-17 

マナーうんちく話701《「お彼岸」ってなに?》

厳寒の中、百花に先駆け白梅が咲き、続いて紅梅が見ごろを迎えたかと思うと、はや桃の花が咲き始めました。

この時期は次から次へと多種多様な花が咲きほころび、桃の次は何の花が咲いてくれるかな?と思うのも日本ならではの楽しみです。

16日には中国地方において「春一番」が吹きましたが、後10日もすれば桜の開花宣言が聞こえてきそうですね。

3月18日は「彼岸の入り」、つまり彼岸が始まる日です。
仏壇があるお家では、お坊さんに来ていただき、読経をしていただき、一家揃ってお墓参りを予定される人も多いと思います。

ところで毎年年に二回お彼岸の諸行事をしてはいるものの、改めて「お彼岸」とはなにか?と聞かれると、明確に答えられない人が多いようですので、再度詳しく触れておきます。

彼岸とは、すでに何度も触れて参りましたが、早い話し、悟りを得た「あちらの世界」の事です。
ちなみに、煩悩に満ちたこちらの世界は「此岸(しがん)」といいます。

つまり、彼岸とは仏様が住んでいるあちらの世界で、人間が住んでいる世界が此岸ということになります。

そして、彼岸は仏教行事ですが日本独特の行事で、他の国にはありません。
また、「春の彼岸」と「秋の彼岸」があり、それぞれ「春分の日」と「秋分の日」を挟んだ前後3日間、計7日間です。

いつ頃から7日間になったかは定かではありませんが、平成26年は3月21日が春分の日ですから、春の彼岸は3月18日から3月24日までと言う事になります。

彼岸の最初の日、つまり3月18日を「彼岸の入り」、最後の日、つまり3月24日を「彼岸明け」と言います。

ではなぜ、春分の日と秋分の日が彼岸になったかと言えば、太陽が真東から昇り真西に沈むからです。

日本では極楽浄土が西に存在すると信じられていたので、太陽が真西に沈む日が、仏様がいる極楽浄土と最も近くなるとされ、仏教行事を行うようになったのではと言われてれおります。

加えて彼岸には、ご先祖様に感謝して、ご先祖様を供養する日ですが、春の彼岸には豊作を祈ります。そういえば、昔の人は、彼岸を目安に畑に種を蒔いていたようですが、今でも彼岸は、畑仕事においては大きな節目になります。
また、秋の彼岸は収穫に感謝をささげる意味もあるようです。

以上、彼岸は先祖に感謝し、先祖を供養する日でもあり、豊作を祈願し、収穫を感謝する日でもあるわけですね。

そのような事を認識しながらお墓参りされるのもお勧めです。
さらに、この頃は「彼岸会(ひがんえ)」といわれる僧侶の法話がありますので、近くのお寺に出かけ、法話を聞かれるのもいいですよ。

法話の内容はそれぞれ話し手により異なりますが、普段では滅多に聞けない話が聞けるので、得るものは大きいと思います

お布施ですが、個別の法要ではないですから無理に出す必要はありませんが、500円でも1000円でも、出せる範囲で出されるのもいいでしょう。

日常生活においてはコンビニと身近な暮らしをされている人も多いと思いますが、日本には約76000寺院あり、30万人以上の僧侶がいます。

お寺は近くにありて、遠い存在になっていますが、お彼岸の時くらいは出向いて、法話を聞かれてみられてはいかがでしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ