コラム

 公開日: 2014-03-14 

マナーうんちく話699《ホワイトデーと贈り物のマナー》

3月14日は「ホワイトデー」ですね。
日本の菓子業界が仕掛けた売り上げアップの巧みな戦略ですが、今ではすっかり定着し、バレンタインデーにチョコレート等を贈られたお返しに、何をプレゼントしょうか?と思い悩んでいる人も多いと思います。

ちなみに、「ホワイト」には「幸運が舞い込む」とか「縁起が良い」等と言う意味が含まれているようで、それにちなんで「ホワイトデー」と名付けた人はさすがですね。

ところで、殆どの人がホワイトデーに限らず、贈り物に関して何かと悩まれた経験がある人も多いと思います。加えてこれからは、卒業、入園・入学の季節でもあり、別れや出会いの季節でもあります。贈り物をしたり、されたりする機会が多くなってきます。

そこで、改めて贈り物のマナーに触れてみます。
参考にして頂ければ幸いです。

●贈る理由を明確に
何でもかんでも贈ればいいモノではありません。「贈る側」はこのプレゼントは何のために贈るのかと言うはっきりした理由が必要です。

一方、「贈られる側」は何のために贈られたのかと言う理由が解らない贈り物は基本的には受け取れません。

日本では慶事弔事の際に現金を祝儀袋や不祝儀袋に入れて送りますが、その際「結婚祝い」とか「入学祝い」、あるいは「お供え」等と表書きをキチンと書いて、送る理由をはっきりさせます。

また、贈り物をする時には、手紙を添えるのもお勧めです。
目上の人には白い便せんに白い封筒を使用しますが、不祝儀には二重封筒はお勧めできません。不幸が二重になる事を気にする人がいるからです。

加えて以前は、祝儀は濃く、不祝儀は薄くですが、不必要にこだわらなくてもいいと思います。

●贈り物には、贈るタイミングが大切です
バレンタインやホワイトデー、あるいはバースデーなどは贈り物をする日が決まっていますが、往往にしてお祝いや病気見舞いなどは渡すタイミングが大切です。タイミングがずれれば、せっかくの贈り物もぼやけてしまう恐れがあります。

最近は宅配等が増加していますが、送る場合は「いつ」「なにを」「なんのために」送ったのかを明確に書いた「送り状」を前もって送って下さい。
親しい間柄で有ればメールでも可能だと思いますが、目上の人の場合は手紙がお勧めです。

●奇数と偶数の関係
日本では奇数が格上の数字ですから慶事に利用しますが、語呂合わせや読み方による感情にも注意して下さい。
お祝いなら1、3、5がお勧めです。4や9は注意下さい。
また、日本では偶数でも8は末広がりで縁起のいい数字になります。

世界屈指の贈り物が好きな日本では、バレンタインデーやホワイトデーのプレゼントのように、義理や年中行事の一環としての贈り物もありますが、本来なら贈り物は相手との心と心の交流であり、良好なコミュニケーションを図るものです。

だから心を込める事が大切です。
くれぐれも、高額だからとかブランド品だからと言って、自己満足に陥らないでください。相手に対して負担を掛けるのも感心しません。

最後に、「おめでとう」「お世話になりました」「ありがとう」など、笑顔を添えた「言葉の贈り物」もお勧めです。

ホワイトデーのプレゼントに、定番のクッキーやキャンディーも良いかもしれませんが、茶菓や食事を共にし、相手の気持ちをしっかり聴いたり、「ありがとう」の感謝の言葉を贈るのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

21

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1598《「お里が知れる」!?靴の脱ぎ方・揃え方のマナー》

最近ではあまり使われなくなりましたが、日本には「お里が知れる」という諺があります。どんなに繕いでも、「...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ