コラム

 公開日: 2014-03-08 

マナーうんちく話695《冠婚葬祭12、「訃報」を受けたらどうする?》

お年寄りの場合はある程度予測がつく場合もありますが、訃報は時として突然やってきます。

先ず落ち着くことです。
次に自分が取るべき行動を頭に描いて下さい。

取るべき行動は、自分と故人や遺族との親交の程度や状況により異なります。
また最近は家族葬なども増えているので、遺族の意向にも左右されますが、概ね次のうち、どれに該当するかで対処の仕方を決めて下さい。

●身内やごく親しい友人等
取り急ぎ駆けつけて下さい。
お悔やみを述べ、必要に応じて手伝いを申し出るのもお勧めです。

●仕事関係や普通の知人・友人等
弔意を伝え、通夜・葬儀・告別式、喪主の情報を把握して下さい。
通夜と葬儀・告別式の両方に参列するか、いずれかにするかは、故人との親交の深さで判断して下さい。
さらに、必要に応じて他の取引先や友人等への報告も頭に入れて下さい。

●隣近所の人
最近は近隣の付き合いが希薄になりましたが、常日頃から仲の良い付き合いをしていたのであれば、直ぐに駆けつけお悔やみを述べ、改めて通夜や葬儀・告別式に参列します。

大体以上ですが、訃報を受けて通夜の前に駆けつける時には、喪服を着たり、香典を持参する必要はありません。地味な服装が好ましいですが、普段着でも通勤着でもいいです。

【弔問できない場合】
仕事の都合や身体の調子が悪い、あるいは妊娠中で弔問できない場合は、弔電を打って下さい。さらにお悔やみの手紙を後日送られるのもお勧めです。

ちなみに、昔は「妊娠中には弔問しない」と言われていましたが、これは妊婦が悲しみのあまり胎児に悪影響があっては、と妊婦を気遣ったためです。
従って妊娠していても、体調がよく、弔意を述べたかったら弔問されてもいいと考えます。

次回は「とりあえずの弔問のマナー」に触れてみます。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1703《他人事ではない災害!日頃のコミュニケーションを大切に》

四季が明確に分かれ、その移り変りがとても美しい日本は、世界中の人が羨ましがるところです。加えて南北に細...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1702《そろそろ土用丑の日。うな重の美味しさをどう表現する?》

炎暑、猛暑、酷暑、どの言葉も当てはまる日々ですが、そんな中期待したい食べ物があります。江戸っ子は特に初...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1701《蓮始開(はすはじめてひらく)》

夏空が広がり、夏の風が遠慮なしに熱気を運んできて猛暑日になっている地域がふえてきました。くれぐれもご自愛...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1700《暑中見舞い・団扇・扇子のうんちく》

白い色の南風「白南風(しらはえ)」が吹いたら、もうすぐ梅雨明けといわれますが、今年は数十年に一度の大雨とと...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1699《「水害御見舞」のマナー》

このたびの大雨により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして、くれぐれもお身体にご留意さ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ