コラム

 公開日: 2014-03-01 

マナーうんちく話690《菜の花や月は東に日は西に》

いよいよ3月、春になりましたね。
3月は「弥生」と言われますが、これは春になって萌えいずる草が、益々生い茂るから、「いやおい月」と言われたのが、略されて「やよい」となったと言う説が有力です。
ちなみに「弥」は益々という意味で、「生」は生い茂るという意味です。

さらに3月は「桃月」「花見月」「花咲月」「夢見月」等と表現されます。
いずれも、お雛様を始め、春の華やぎが感じられる心浮き浮きする名前ですね。

そして、この時期の旬の野菜と言えば「菜の花」が浮かびますね。
我が家の畑でも、只今菜の花が元気よく存在感を増しています。

お浸し、ゴマ合え等の和食の定番から洋食のスパゲティーなど等、見た目も鮮やかで、栄養満点で、さらに美味とくればもう最高です。

だから春の恵みとして、昔から多くの日本人に親しまれたわけで、それを物語るように、数多くの童謡や俳句が存在します。

『菜の花畑に、入日薄れ、見渡す山の端、霞み深し、
春風そよ吹く、空を見れば、夕月かかりて、匂ひあわし』

「早春賦」「春が来た」「春の小川」等と共に、日本人なら誰もが口ずさんだ経験があるお馴染みの唱歌で、歌のタイトルは「朧月夜」です。

ちなみに「朧月夜(おぼろづきよ)」と言えば、モヤや霧などに包まれた、霞んで見える夜の月です。

そして菜の花と言えば、与謝野蕪村の『菜の花や 月は東に 日は西に』を思い浮かべる方も多いと思います。

名の花が咲き乱れた畑で、立ち止って空を見上げていると、月が東から昇ってくると同時に、太陽が西に沈んでいく情景でしょうか。

今から200年以上も前に詠まれた俳句が、今なお多くの日本人に語り継がれているわけですから、本当にすごい事だと思います。

論語に「知者は水を楽しみ 仁者は山を楽しむ。
知者は動き 仁者はしずかなり。
知者は変化を楽しみ 仁者は人生を楽しむ」と言う言葉があります。

知者とは、頭のいい人、つまり知恵の優れた人と言う意味です。
仁者とは、情け深い心の人、つまり人格者と言う意味です。

知者は、行動力が旺盛な大変有能な人物で、リーダーシップが取れる人です。
これに対して、仁者は落ち着きの有る心の優しい人で、受動的ではあるけど臨機応変に対応する凛とした人でしょうか。

太陽と月のような関係ですね。
皆さんはどのタイプでしょうか?
私は、恥ずかしながらとても知者や仁者の域には入れませんが、どちらかと言えばお月さまのようなタイプだと思っています。
最も、単に大人しいだけですが・・・。

ところで、草木が芽を出し始めることを「草萌え」と表現します。
そして、芽を出し始めた草木には雨が無くてはなりません。
だから、この時期に降る雨の事を「木の芽起こし」と言います。

昔の人は、草木の若い芽と天気の具合を本当に上手に結び付けていますね。
素晴らしい感性に脱帽です。

都会暮らしの人は解らないかもしれませんが、田舎で暮らしていると、この時期には、土の中から小さな芽が「今日は!」をしている姿をよく見かけます。

間もなく百花繚乱の本格的な春を迎えますが、どんな美しい花でも突然咲くと言うことはまずあり得ません。「今日は!」した芽が、美しい花を咲かせるには山あり谷ありの紆余曲折があります。

春になり、希望や夢を抱き人生を前向きに歩み始めた人も多いと思いますが、彼らが美しい花を咲かせるように、「智者」や「仁者」になり恵みの雨を降らしてあげたいですね。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ