コラム

 公開日: 2014-02-27 

マナーうんちく話689《花は半開、酒は微酔》

都会暮らしの人はあまり感じないかもしれませんが、小川のせせらぎの音や小鳥のさえずりからも春の到来が感じられ、ワクワク、浮き浮きする頃です。

今のように冷暖房設備が整っていなかった昔の人は、厳しい冬から花咲く春になることを、指折り数えて待ち望んだ事だと思います。

だから鳥や魚や花にも敏感に反応して、春の到来を察したのでしょうね。
例えば、ニシンやウグイスやウメで春の到来を確認したわけで、ニシンは「春告げ魚」ウグイスは「春告げ鳥」と名前を付けたのでしょうね。

では、「春告げ花」と言えばどんな花を思い浮かべますか?
花に関心が無い人でも、一つや二つは思い浮かんでくるのではないでしょうか?

実はそれくらい「春告げ花」と呼ばれる花は日本には沢山あります。
《マナーうんちく話》のコラムの中に登場した花だけでも、フクジュソウ、ウメ、ロウバイ、マンサク、フキノトウ、サンシュユ、ネコヤナギ、ナノハナ、カタクリ、スミレ等など・・・。

これから3月、4月、5月にかけて実に多くの花が咲き乱れ、一年でも最も美しい時期を迎えます。このような国に生まれてきた事を改めて感謝するとともに、美しい春を謳歌したいものですね。

中国に「花看半開、酒飲微酔。此中大佳趣。・・・」と言う言葉があります。
江戸時代に大ベストセラーを記録した貝原益軒の「養生訓」がありますが、その中でも引用されており「花は半開、酒は微酔・・・」と述べられています。

花は満開ではなく5分咲き程度を愛で、酒は泥酔する事無くホロヨイ気分を楽しむのが、後に憂いを残さないので良いと言う意味です。

つまり、花は満開になってしまえば後は散るのを待つだけで、花の心が失せてしまう。5分から6分くらい咲いている状態が一番盛りである。
また、酒は泥酔すればこの世の地獄となるのであります。

花は蕾も5分咲きも満開も、さらに散った後も、愛でたり、楽しんだり、利用したりする方法はいくらでもありますが、酒はそうはいきませんね。

3月4月は別れと出会いが交互する季節で、何かと酒の機会が多くなります。確かに、「酒は百薬の長」と言われ、身体にも良いですし、円滑なコミュニケーションづくりにとても寄与してくれます。
しかし、薬と言うくらいですから、飲み方次第で、良くも悪くもなります。

日本は現在「超高齢社会」で、高齢者がとても多い時代を迎えています。
高齢者の特徴は個人差が大きいと言うことです。中でも身体に関する個人差は特に大きいようです。

例えば、私くらいの年齢に達すると、元気な人も多いですが、酒で命を落とした人、生活習慣病で介護や治療を余儀なくされている人も珍しくありません。

改めて、酒は「賢い飲み方」をお勧めします。
「飽食の国」における食べ方しかりです。

本来、「花は半開、酒は微酔」とは、絶頂期にある人に対し、「足るを知る」事が大切だと言う事を諭した言葉です。また、真の賢人は何事にも謙虚で控えめだと言っています。

今からちょうど300年前にデビューした「養生訓」では、「心身の健康は腹8分が良い」と述べていますが、まさにそうですね。

つまり、花の観賞の仕方や酒の飲み方を例えて、人生の在るべき姿を諭しているわけですね。

地位も名誉も経済力も全て満ち足りている人は大いに参考にして頂きたい言葉です。但し、地球上の人口の半分以上は貧しい生活をしていますが、このような人に向けた言葉ではありません。

マナーは、自然や目に見えない物や人に対し発揮するものですが、その大前提として、自分自身の身体と心が健全でなければいけません。

賢い酒の飲み方、賢い食生活、そして感謝の心と足るを知ることが大切です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ