コラム

 公開日: 2014-02-24 

マナーうんちく話687《収穫は種をまいた後に来る》

春になると、花粉の飛散が気になる人も多いと思いますが、加えて、春は空気中のごく小さい塵や埃が増加し、遠くの山々に靄(もや)がかかって、ぼんやりと霞んで見える事が多くなります。

これを「春霞(はるかすみ)」と言います。
大変美しい言葉ですが、天気予報では「霞」という言葉はあまり耳にすることはありませんね。

しかし、和歌や俳句の世界では秋の「霧」とともに、春の「霞」は沢山登場します。やはり、春は霞がお似合いですね。

春の野に 霞みたなびき うら悲し この夕影に 鶯鳴くも(大伴家持)

夕暮れが近づいている春の野。霞が棚引き、空や野山が霞む春の盛りなのに、なんとなく物悲しい。まだ明るさが残っている夕暮れの中で鶯が鳴いているなあ・・・。

春の音連れを告げる鶯が鳴くと、浮き浮きワクワクするものですが、大伴家持には鶯の声が届かないのでしょうか?

でも、春はしなければいけないことが沢山ありますね。
《蒔かぬ種は生えぬ》と言う言葉があります。
ちなみに、英語圏では《収穫は種をまいた後に来る》といわれています。

種をまかないと植物の芽が出ないように、「何の努力もしないで善い結果を出そうとしても難しい」と言う意味ですね。

また、「何かを得ようと欲するならば、色々とそれなりの努力が必要だ」と言う意味も込められています。

当然と言えば当然なことですが・・・。
でも、解っていても、なかなか実行できないのが人間なのかもしれませんね。

「棚から牡丹餅」とか「果報は寝て待て」、さらには「鴨がネギを背負ってやってくる」という諺もあります。

確かに畑仕事をしていると、このような幸運に恵まれることも稀にあります。
例えば、昨年実ったゴーヤなどの種がいつのまにか地に埋もれており、温かくなるとそれが発芽したりします。トマトやカボチャでもよく見られる現象ですが、その前にはキチンと種をまいております。

往往にして、種をまかなくても自然に生えて来るのは雑草です。
つまり、種をまかなくても生えて来るのは、「有り難くないもの」だと言うことです。

春になったら、何かを始めてみませんか?
収穫期を迎え、豊作になった事を頭に描いて始めるのもお勧めです。

成功した人は常に輝いて見えますが、それまでには目には見えませんが、長い道のりがあるはずです。

表面ばかり見ないで、どんな種をまき、どのように育てたのかを知ることが大切だと考えます。

種を蒔いたら自然に発芽する作物も有れば、蒔いてから色々と手入れが必要な作物もあります。
また、手を掛け過ぎてもよくない作物もあります。

《苦は楽の種》
《楽は苦の種》といわれます。

今の苦労は未来の楽に繋がります。
しかし、楽ばかりでは将来は苦労すると言う意味です。

いずれにせよ、種を蒔くことが先決ですね。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ