コラム

 公開日: 2014-02-21 

マナーうんちく話685《有用の用を知りて、無用の用を知るなきなり》

春めいてきたせいか、この時期になると畑の雑草が急に元気になり始めます。
そして、これからは冬枯れで茶褐色の山肌が緑の色彩を豊かにしてきます。
野や山の草木に新芽が萌え始めるわけですね。

ところで、秋のキノコ狩りと同様に、春先の楽しみの一つに「山菜狩り」があります。最近はスーパー等でも手に入りますが、やはり大自然の中で歩き回って収穫した自生の山菜は格別です。

但し、山菜狩りは時期と場所がポイントになりますから、誰が言っても簡単に採れるものではありません。
時期と場所を熟知した人と一緒に行くことが肝心です。
それと、収穫した山菜を美味しく調理する知識も必要です。

ちなみに、山菜とは、栽培されている野菜に対し、野山に自生している食用になる植物をまとめて表現した言葉で、約300種存在すると言われております。

こうなると、どれが食べられて、どれが食べられないか、その見分け方は難しいので、食べられると確認できる山菜のみ収穫するのがいいですね。
豊かな自然の恵みを頂くには、それなりの知識や経験が大切です。

また、今の日本は世界一の「飽食の国」ですから、何も無理して山菜を食べなくてもいいかもしれませんが、食べ物に不自由していた昔は、春先の山菜はとても貴重な食べ物です。

縄文から弥生時代にはすでに食べられていたようですが、江戸時代になって幕府が飢饉に供えて山菜を奨励したので、それ以後全国に普及したといわれています。

さらに、山菜の特徴は何と言っても、独特の香りと苦み、それにアクの強さではないでしょうか。酒のつまみにも最適です。

『明日よりは 春菜(はるな)摘まむと 標(し)めし野に
昨日も今日も 雪は降りつつ』(山辺赤人)

明日こそは蕗の薹を採るつもりで標を付けてきたのに、昨日も今日も雪が降ってしまい、なかなか蕗の薹を採る事が出来ない。

最近の山菜は季節に応じて市場に出回りますが、やはり自生の物にはかないません。但し、今では貴重な物だけにマナーを守り大切に扱いたいものです。

『人みな有用を知りて、無用の用を知るなきなり』という諺があります。

「無用の用」は無くても良いようですが、実は無用の用こそ大切であると言うことです。
例えば、「雑談」。

職場で雑談を禁止している所も多いようですが、雑談にはそれなりの効果があります。勿論TPOに応じて判断は必要ですが、雑残は職場を明るくし、温かい雰囲気を醸し出してくれます。
さらに仕事を楽しくできます。

また、家庭での雑談はとても大切です。
夫婦間や親子間での雑談は家族の絆作りに欠かせません。
最も大切な人と、おしゃべりすることで元気が湧いてきます。
家庭でも職場でも学校でも、気軽に雑談できる相手がいる人は幸せです。

そして挨拶。
挨拶は別にしなければしないで支障が無いかもしれません。
しかし、挨拶には、「相手の存在を認識する」意味と、「相手と仲良くしたいという意思表示」の意味があります。

つまり、雑談も挨拶も、マナーと同じで良好な人間関係を築く潤滑油です。

今の日本では、美味しい物は氾濫するくらいあるので、無理に野山を駆け巡り山菜を食べる必要が無いかもしれません。

しかし、春の七草や春の使者と呼ばれる「蕗の薹」、山菜の王様の「タラの芽」等には、多くの効能があります。
利便性や合理性の追求のみならず、たまには「無用の用」の大切さを再認識したいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

マナーうんちく話1671《厳格に執り行われた?武家社会の結納と婚儀》

日本は四季に恵まれ農耕文化で栄えた国で、自然との共生も大切にしましたが、意外に昔から恋愛や結婚にはおおらか...

[ 結婚のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ