コラム

 公開日: 2014-02-19 

マナーうんちく話683《呑舟の魚枝流に泳がず》

寒い日が続いていますが、次第に厳しい寒さが弱まり、水が温み、今まで降っていた雪が雨になり、氷が溶け始めて来る頃です。

つまり、この時期は雪と雨の分かれ目の頃でもありますが、雪と雨が一緒になった「みぞれ」の降る頃でもあります。

2月19日は二十四節季の一つ「雨水(うすい)」です。
春の気配に草木の芽が出始めるので、昔から雨水は農耕の準備に取り掛かる目安になっていました。

かれこれ四十年くらい前になりますか、キャンディーズの大ヒット曲「春一番」に、「雪が解けて川となって流れていきます」という歌詞がありますが、山の雪が解けて、田や畑を潤す雪解け水の事を「雪消の水(ゆきげのみず)」といいます。

さらに、花や草木を潤すこの頃の雨は「養花雨(ようかう)」と呼ばれます。
また、雨水から春先にかけての「催花雨(さいかう)」と呼ばれる雨も有ります。
先人の、花咲く春を待ちわびる気持ちが伝わってくる素敵なネーミングですね。

雪消水、養花雨、催花雨にせよ、うららかな日差しの中、雪の合間を勢いよく流れる様は、私たちに元気を与えてくれそうです。
大きな希望を持って、元気に歩み始める時期でもあるということでしょうか?

「呑舟の魚は枝流に泳がず」と言う言葉があります。

呑舟の魚とは、船をも飲み込む程大きい魚の事で、そのような魚は本流にいるもので、枝流にはいないと言う意味です。
枝流とは大河の支流の意味です。

つまり、人生における目標は、大きければ大きいほど良いと言う意味です。
すぐに叶う小さな目標で有れば、努力しないで済むので、それに甘んじてしまい宜しくないと言うことですね。

大きな目標で有れば、常に努力が必要で、たとえ100%叶わなくても、それなりの所までは到達できると言う意味です。

そして、この諺には、さらに大切な意味があります。
大きな目標を立てれば、それなりに環境を整えることが大切である!と言うことです。

枝流に紛れ込んでは元も子も有りません。
常に目標から目をそらさないことが大切ですね。

加えて、呑舟の魚を大モノの人物とみることもできます。
大モノは小モノとは関わらない。すなわち、小さな事にはメソメソしないで、いつも堂々としている人でしょうか。

大衆をリードする人や世の中を動かす人、歴史上の人物に例えれば、小田信長、豊臣秀吉、徳川家康のような人で、大きな目標を掲げ、それを成し遂げるために綿密な計画を練れる人のことです。

人生の一こまにおいて、大きな目標を持つのもお勧めです。
焦る必要はありません。
ゆっくりでも良いですが、立てた目標から目を離さないようにして下さいね。

とはいっても、世の中、大志を抱いている人は、そんなに多くはないと思います。ひと年重ねればなおさらです。

目標は、幾つ歳を重ねても有った方がいいと考えますが、大きな目標ではなくても、実現可能な目標を立て、着実にこなしていくのも手ではないでしょうか。

大きくても、それなりでも、立てた目標に向かって、綿密な計画を練り、それが達成できるように努力を怠らないことが大切ですね。

たとえ、目標が達成できなくても、自分を振り返り、反省すべき点は謙虚に反省し、それを次に生かせばいいと考えます。

大きな目標、小さな目標、人それぞれですが、「雨水」はこれから明るい兆しへとなびく縁起のいい日です。身も心も元気で歩んで下さいね。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ