コラム

 公開日: 2014-02-17 

マナーうんちく話682《同じ釜の飯を食う》

「和食 日本人の伝統文化」が世界無形文化遺産に登録されたこともあり、各地で「和の礼儀作法及び和食のテーブルマナー講座」を開催しておりますが、これに関する講演依頼も今年になりかなり増加傾向にあります。

関心が高まっている事でしょうか。
この機会に、日本が世界に誇る和の礼儀作法や和食を正しく身に付け、益々素敵に輝いて頂ければ嬉しい限りです。

それにしても、日本には素晴らしい食文化やそれに関する精神文化、及び礼儀作法や言葉が沢山存在するのに、日本人自身がその価値を理解しないで、外国人が評価することで、その素晴らしさを気付かされることが多々あります。

例えば「もったいない」と言う言葉。
ケニアの環境副大臣マータイ博士が来日された時、この言葉に感銘を受け、国連で演説された事は有名です。

さらにミシュランガイドは、和食とその精神文化を褒め称えていますが、日本では次第に薄れつつある感がしてなりません。

何より由々しき状態は「日本の食料自給率の低さ」ではないでしょうか?
39%と先進国の中では最下位で、今後増加する気配もありません。

日本は稲作文化で栄えた国ですが、近年日本人は本当に米を食べなくなりましたね。洋食の浸透や農業政策等色々な要因は考えられますが、日本人なら、日本で栽培したコメを食べるのが本来の姿ではないかと思うわけです。

確かに今、日本は世界一の「飽食の国」「美食の国」になり、戦後間もない頃に比較して栄養状態も格段によくなり、加えて医療制度や医療水準が高くなったおかげで、世界屈指の長寿国になっています。

反面、「孤独死」「無縁社会」「無縁仏」等と言う言葉がまかり通るようになり、家族、親族、地域の絆は希薄化の一途をたどっているのが現状です。

明確な因果関係は解りませんが、コメ離れと関係があるような気がしてなりません。

日本には昔から「同じ釜の飯を食う」と言う美しい言葉が存在します。
「一つ釜の飯を食う」とか「一つ鍋の物を食う」とも言われます。

一つの釜で炊いたご飯を共に食べると言う意味ですが、生活を共にしたり、同じ職場で働いたりして、辛いことや悲しい事や嬉しい事を分かち合った親しい間柄のたとえです。但し、遊び仲間には使用しません。

日本は神様(神道)仏様(仏教)の国ですから、昔から日本人は神様と共食し、家族や地域の人と共食して絆を深めてきたわけですね。

そんな中で、世界が認めた日本の食文化は育まれたわけです。
だから、現在の日本人は日本の食文化の原点に立ち返り、和食とそれに伴う年中行事や精神文化の素晴らしさを再発見し、家族、地域、職場の絆を深めていかなくてはなりません。

人が死んだら、死後ただちに故人の枕元にお供えするご飯を、「枕飯」とか「一膳めし」と言います。

死者の分だけのご飯を焚き、そのご飯を余すことなく故人が使用していた茶碗に高盛に注ぎ、2本の箸を垂直に立て枕許に供えます。

その同じ釜で食べた飯を食べたら、使者と共にあの世に行ってしまうと言われていたわけです。だから同じ釜の飯を食うと、一心同体で、運命をも共有するくらい強い絆で結ばれると言う意味で使用されます。

そういえば、嫁入りの時の、家族での別れの食事は一膳飯が習わしであったようです。そして、西洋には「to drink op the same cup」(同じ杯で飲む)と言う諺があります。

西洋には西洋の、日本には日本の食文化があります。いずれにせよ、自国の食文化は生きていく上の基本です。大切にしたいものですね。

和食の精神文化は、知れば知るほど奥が深く、より良く生きる知恵が凝縮されています。「英語よりは先ずこの事を理解すべき」と言うのが私の持論です。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ