コラム

 公開日: 2014-02-14 

マナーうんちく話680《冠婚葬祭7、結婚の目的とマナー》

企画書を作成するに当たり、冒頭に「なぜこのような企画を立てるのか?」と言う目的を明記するように、何事にも目的は必要です。
まして、人生の一大事を左右する結婚においてはなおさらです。

以前、高校生のキャリア教育支援員をしていた頃、「なぜ働かなくてはいけないのか?」「働くとはどういうことか?」という内容の講話を数多く担当しましたが、婚活や披露宴に関する情報は氾濫するくらいに存在するのに、「何故結婚するのか?」というたぐいの情報は意外に少ないのが現状ですね。

また、「晩婚化」や「未婚化」は年々進展していますが、多くの未婚の男女は、一度は結婚したいと望んでいる人は多いと思います。

では、「なぜ結婚したいの?」と聞かれて、明確に答えられる人は如何でしょうか。

この問いに関しては、非常に獏全的なのが特徴だと思います。
例えば、「経済的に安定したいから」「一人だと老後が不安だから」「親がうるさいから」「幸せになりたいから」「世間の目が気になるから」「年だから」「仕事に疲れたから」「世間の信用を得たいから」等、挙げればきりがない位にあると思います。

まさに、10人10色で、結婚願望もその目的も、自分の置かれている境遇や取り組んでいる仕事、さらに年齢や学歴や収入による違いもあるでしょう。


「偉人は目的を持ち、凡人は望みを持つ」と言われます。
結婚に憧れを持つことは素晴らしい事だと思います。
ショーウインドウに飾られているウエディングドレスを見て、女性なら一度は着てみたくなるのではないでしょうか?

ウエディングドレス姿に憧れ、ハッピーになりたいと思う人は多いと思います。
ドレスが掲載されたブライダル雑誌が多いのは、それを物語っていますね。

ただ、ウエディングドレスに憧れ、幸せになりたいのは誰しも同じですが、結婚は相手がいます。

大切な事は、自分ばかりの幸せを描いて結婚するのではなく、自分も相手も幸せになる未来図を描く事が大切だと考えます。

つまり、結婚の目的は、長い人生を共有する相手が存在し、その相手と共に幸せになる事だと思うわけです。

共に食事をしたり、モーニングコーヒーを楽しむ相手がいて、自分も相手も幸せだ!と言うことだと思いますが、如何でしょうか?
そして、相手も幸せになるには、相手に対する思いやりが何より大切です。

目的を達成するために努力した事が、結果的にはアダになってしまうことを「本末転倒」と言います。

また、目的と手段が逆になり見当違いになってしまう意味の、「塩辛を食おうと水を飲む」という諺があります。

幸せになるはずの結婚が、離婚に至るケースは多々あります。
「幸せな結婚」は自分も親兄弟も友人も周囲の人まで幸せにしてくれますが、「不幸せな結婚」は周囲の人まで不幸せにすることがあります。

世界屈指の長い人生を、どこで、誰と、どのように過ごすか?を自分なりに考え、その延長戦に結婚をイメージされたら、先ずはキチンとした目的を定め、それを達成するための自分磨きをお勧めします。

目的を達成するには、素敵な相手を見つけて、その人の収入や地位や学歴などに依存するのもよいかもしれませんが、相手に対して「何が提供できるか」、その力を磨いておくのもお勧めです。

いつも結論は同じですが、素敵なマナーを身につけると言うことは、自分も相手も幸せになるための最良の方法だと思うわけです。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

28

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1451《万物が躍動する時です。「人脈づくり」に励みませんか?》

先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、百花繚乱と言われるように多くの花が咲き乱れ、新芽が萌え出し、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1447《「穀雨」の頃、雨や風のない人生には輝きがない》

「春は嵐と共にやってくる」とか「春に3日の晴れ無し」とも言われますが、春の天気は人の心と同じように、移り変...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ