コラム

 公開日: 2014-02-12 

マナーうんちく話679《梅は咲いたか桜はまだか…》

厳しい寒さの中で春を待ちわびる気持ちは、草木や鳥や魚の名前からもヒシヒシと伝わってきます。

コラムで何度も登場しましたが、ウグイスが「春告げ鳥」で、ニシンが「春告げ魚」なら、「春告げ草」は梅でしょうか。

奈良時代に留学生、つまり遣隋使や遣唐使が中国から持ち帰り、以後、貴族の間では、自分の屋敷の庭に梅の木を植えるのが一種のステータスで有ったとか。

また、万葉集には100種以上の花が登場しますが、梅は萩に続き沢山読まれています。ちなみに梅を詠んだ歌は122首ですが、さくらを詠んだ歌は40首ですから、当時の「花見」と言えば、桜より梅だったかもわかりませんね。

冬になり「山眠る頃」になると花が乏しくなるわけですが、そんな中、椿と共に品の良い香りや白や赤の花、つまり両方合わせて「紅白」のお目出度い花を咲かせてくれるのが梅です。

だから、梅が今でも多くの日本人に、庭木や盆栽、さらに切り花としても多くの人に愛されているわけですね。

加えて、花を楽しんだ後は、「梅干し」や「梅酒」として実を大切に味わいます。
特に江戸時代になると、各藩は非常食用に梅を奨励しました。
その名残が、現在各地に存在する梅林です。

さらに、日本の古い医学書には、「梅は三毒を断つ」と記載されています。
食中毒や水あたり等に効くと言う事のようです。

そういえば、梅干しをご飯の中に入れた「梅干し弁当」は現在でもおなじみですね。白飯の中央に赤い梅干しを載せた弁当の事で、日章旗、つまり日の丸に見立ててこのような名前が付けられました。

以上のように、梅は日本人にとっては、「見て良し、食べて良し、薬に良し」と、まさにオールマイティーです。

「梅は咲いたか、桜はまだかな・・・」
日本人では、知らない人はいない位有名な、いわゆるお座敷小唄です。

この後は、「柳ゃなよなよ風次第、山吹きゃ浮気で色ばかり・・」と続きます。

梅や桜や山吹の花が登場し、如何にもうららかな春を謳歌する、日本人ならではの風流な歌のように感じますが、梅と桜と山吹を女性に例えた、いわば男女関係の歌です。

日本は世界屈指の四季が美しい国ですが、中でも百花繚乱の春と、紅葉の秋は特別です。

西洋にはユーモアに富んだ歌が多々ありますが、これは季節を愛でる優雅な心に、富と教養に満ちた上流階級の殿方の、粋な心が加味された歌です。

ところで、梅は桜のように華やかさはありませんが、厳寒の中にひっそりと咲き、凛とした美しさが感じられます。
花言葉は「厳しい美しさ」ですが頷けますね。

そして、中国では梅と竹と松を「歳寒三友(さいかんサン有)」として重宝しています。

竹と松は冬の厳しい寒さにもかかわらず緑を保つからで、梅は厳寒の頃百花に先駆け花を咲かせるから、このように呼ばれています。
「三友」とは、友達としてふさわしい人の事です。

松は根を強く張るから、忍耐強く真心の有る人を例えています。
竹は一本筋の通った人で正直な人です。
梅は厳しさの中にも笑顔で答えてくれる人でしょうか。

厳しい寒さが当分続くようですが、松・竹・梅を想い浮かべ、勇気と希望を持って前向きに進みたいものです。

そして、「歳寒三友」にあやかりたいですね。
そのためには、素敵なマナーを発揮する事をお勧めします。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1692《孤独を防ぐコミュニケーションスキルと地域交流》

世界屈指の孤独な国といわれる日本で、特に深刻なのは中高年齢者の男性でしょう。しかし勤務中は職場の人間関係...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1691《最近とみに希薄になった人間関係。どうする?》

いつの世も人は人に関心を持ちます。1人では生きていけないからでしょうか・・・。前回「中高年の孤独」に触...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1690《「夏は夜」。本当は大きな意味を持つ二十四節気の一つ「夏至」》

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ