コラム

 公開日: 2014-02-10 

マナーうんちく話677《可を見て進み、難を知りて退く》

昨日は打って変わって青空に恵まれ、寒いながらも春の気配がかすかに感じられる日になりましたね。

ところで春の語源は、「草木の根が張る頃だから張る」、「比較的天気のいい日が多いから「晴る」」等色々な説がありますが、定かではありません。

しかしいずれも前向きで心が弾む意味が多いようです。
春の訪れを感じるのは人それぞれですが、皆様は如何でしょうか?

ショーウインドウの飾り付け。
道行く人のファッション。
卒業式。
それとも、春を告げる花が咲いた時でしょうか。

ちなみに、この時期はうららかな春を告げる鳥とされている鶯(ウグイス)が山里で鳴き始める頃です。

鶯は全国に生息しており、ホーホケキョと泣く事でよく知られておりますから、すぐにわかります。

万葉集にも梅と共によく登場しているので、昔から日本人には春の鳥としてなじみが深かったようですね。
花札を楽しむ方は「梅に鶯」の絵をご存知だと思います。

加えて、選挙などでマイクを握る女性の事を「ウグイス嬢」と呼びますが、これはウグイスの鳴き声のように美しい声に例えた言い方です。

『可を見て進み、難(かたき)を知りて退く』と言う言葉が中国に有ります
素直に解釈して頂ければいいですが、有利と判断したら進み、不利と判断したら退くと言う意味です。

ごく常識なことですが、これがなかなか難しいわけですが如何でしょうか?

明確な勝算も無いのにやみくもに突き進んだり、不利だと判断して退くのは卑怯だと言う捉え方です。

つまりTPOに応じて、適切な判断が大切であると言うことです。

進めそうな状況で有れば進み、立ち止った方がいいと判断したらひと呼吸し、さらに、ヤバイ!と思ったら勇気を持って退散することです。

このことは「商売」でも「婚活」でも同じことが言えます。
賭け事もしかりですね。

色々な場面において、「進むばかりが能ではない。無理するな!」と言う事を教えてくれる言葉です。

マナーも同じ事が言えます。
不必要に形ばかりにこだわる事無く、TPOに応じて、柔軟に対応する事が出来れば嬉しいですね。

そのためには、先ず基本をきちんと理解し、合理的な理由を把握し、加えて、状況に応じて臨機応変に対応することです。

特に日本のマナーは、西洋のマナーと異なり、他者に対する思いやりの心を基盤に柔軟性を重視します。不必要に形にこだわることなく、可を見たら進み、難を知ったら退くと言うことですね。

鶯はよく梅とセットにされます。
しかし、鶯は梅の木だけにとまるわけではありません。
柳の木にも、桜の木にもとまって美しい声を発します。
折々の状況判断が上手な鳥です。

ちなみに「梅に鶯」とは、鶯は梅の木にとまると言う意味ではありません。
既に述べましたが、梅は「春告げ花」、鶯は「春告げ鳥」と言われるように、両者は共に春の到来を告げてくれる嬉しい使者です。

つまり、美しく調和する物、似たもの同士、取り合わせの良い物の例えで、和食と日本酒、フランス料理とワインのようなものです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1598《「お里が知れる」!?靴の脱ぎ方・揃え方のマナー》

最近ではあまり使われなくなりましたが、日本には「お里が知れる」という諺があります。どんなに繕いでも、「...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ