コラム

 公開日: 2014-02-07 

マナーうんちく話675《冠婚葬祭6、「祝い」に関するタブー》

科学万能の時代でも、日常生活の中には迷信じみた事が根強く生きています。
「そんなもんは迷信だ」と一笑される人もいますが、多くの人は気にかけているのが現状です。

例えば、結婚式は殆どの人が仏滅を避け、大安吉日を希望します。大安の日に挙げれば幸せになり、仏滅の日に上げたら不幸になると言う科学的な根拠やデータはありませんが、9割くらいの人が気にかけています。

また、チョッとしたお祝いで、祝儀袋に3000円入れる人はいても、4000円入れる人はあまりいません。3000円より4000円の方が1000円多いわけですが、頂く方もなぜか嬉しくありませんね。今回は「お祝いごとに関するタブー」を集めてみましたので参考にして下さい。

《数字に関するタブー》
最もよく知られているのが「4」と「9」ですね。理由は「死」や「苦」に繋るからです。ちなみに、日本では昔から偶数と奇数では奇数が格式が高いと言われています。従って「苦」を連想させる「9」を除いた「3と5と7」を吉の数字として捉えています。

但し、奇数の一番上の9は最高に縁起がいいとする捉え方もあります。
例えば「五節句」の内、9月9日の「重陽の節句」は、9が二つ重なるから一番格式が高いとされています。

また、偶数でも「8」は「末広がり」を連想させるので、祝い事には適していると言われております。

《お祝い品のタブー》
・火に関する物や火を連想させる赤色の物⇒新築祝いには不適とされています。
・日本茶⇒弔事に使用されるので祝い事には不適とされています。
・櫛⇒「苦」と「死」を連想させるから、贈り物には不適とされています。
・ネックレス・ネクタイ⇒束縛を意味するので、気にする人も多いようです。
・靴・靴下⇒踏みつける意味があるので、親しい人以外は不適とされています。
・包丁・はさみ⇒「切る」を連想させるので祝い事には不適とされています。
・鏡台⇒割れるから、贈り物には不適とされています。
・ハンカチ⇒漢字で書くと「手巾」になり「手切れ」につながります。

《定年退職》
・本人の希望を聞いてあげるのがベターですがギフト券や商品券がお勧めです。
紅白蝶結びで熨斗つきですが、表書きは「退職祝い」「御餞別」も間違いではないと思いますが、個人的には「お礼」「謹呈」がお勧めです。なぜなら退職を大変さみしいと思っている人も多いので「お祝い」は感心しません。

《その他のタブー》
・現金⇒皆が一番喜びますが、上司や目上の人には贈りません。但し災害見舞や昇進して海外に赴任するような場合はいいでしょう。
・肌に付ける物は余程親密な仲以外では要注意です。
・熨斗⇒「熨斗鮑」の略でアワビを乾燥して干したものですから、生臭い匂いがあります。従って魚介類に熨斗を付けると生臭い匂いが倍増するので注意して下さい。仏事でも生臭い物は嫌われます。

タブー(taboo)は禁忌(きんき)とも言われ、「○○をしてはいけないと禁止されている事柄」や「○○すべきであるという決まり事」で、広義の文化的規範で、マナーの基になっているケースも多々ありますがその捉え方は10人10色です。

例えば、ハンカチや靴下などは日常生活の必需品でもあり、デパート等でも典型的な贈答用品として扱われています。さらにネクタイのようなものは数多くあると嬉しいものです。

それらを不必要にタブーと捉えるか、素直に嬉しいと感じるかは、相手がどのような人かを判断することが大切ですね。つまり、贈り物をする時には、「なぜ贈り物をするのかという具体的な理由」と、「なぜこの品物を選んだのかという理由」をキチンと表現することが大切です。

タブーはどこの国や民族、さらにどんな宗教にも存在します。
それなりの知識と、相手の立場になり心を込めることと、思いを適切に表現することです。贈る時に言葉や文字で表現することが大切で、言葉不足は誤解を招くこともあります。

例えば、「本日はお日柄もよろしく!」と言うのは、「私たちはあなた達の幸せを祈念して日柄まで気にしているよ」と言う意味で、言葉に発して始めて思いが伝わります。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1603《「小寒の氷 大寒に解く」。物事は思い通りにはいかない・・・。》

3月から4月並みの気温が続いていますが、1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。暦の上では一年で一番寒い...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ