コラム

 公開日: 2014-02-03 

マナーうんちく話673《「立春」と「慶事用熨斗袋」≫

『銭湯を出づる美人や松の内』(子規)

正月の家事の忙しさに振りまわされていた女性が、やっと家事から解放され、のんびりと銭湯に入り、身体の疲れをとり、髪まできれいにして出てきたのでしょうか、その女性はとても美しい人でした。

日本人女性が、着物を着て、畳に正座している姿は凛としていて大変美しい姿ですが、当時、長い黒髪を洗った後の女性のしぐさも、さぞかし色気が漂い美しいかったことでしょうね。

2月4日は立春。
昔は、正月で一年の始まりの頃でもあります。

上記の句は恐らく今頃詠まれた句だと思います。
のどかで平和で色気があって、大変お目出度い俳句ですね。

そこで、これから始まる一年が、お目出度い事に沢山ご縁がある事を願って、慶事の祝儀袋について触れてみます。
御祝い事や御喜び事が有った時に参考にして頂ければ嬉しい限りです。

ちなみに、慶事等において御祝の気持ちとして、あるいはそのお祝いの互助活動に携わって頂いた感謝の気持ちを表すために贈る金品を「祝儀」といいます。
なお、弔事の場合は「不祝儀」といいます。

そして、その祝儀のお金を入れる封を「祝儀袋」と言います。
大正から昭和にかけて機械化による大量生産が可能になり、幅広い用途で一般庶民に普及し現在に至っています。

加えて、祝儀袋の包がほどけないようにするために結ぶものが「水引」で、慶事には紅白や金銀が用いられます。

水引は和紙で「こより」状にしたものを、水ノリにつけて引き、乾かした紙の紐の事です。

のし袋に印刷された物もありますが、水引が掛ったのし袋の方が、格が高くなります。
さらに、水引の結び方には2種ありますので用途に注意して下さい。

ほどいて、再度結ぶ事が出来る「蝶結び」は、入学祝いや長寿の祝いのように何度あっても良い祝い事に使用します。

一方、両方を引っ張るとさらに締まる「結び切り」は、結婚式に使用されます。
結婚は、二人の中をしっかり結びたいと言う意味で結び切りを使用しますのでご注意ください。結婚式も病気見舞いなども、繰り返したら困るので、「もうこれきりよ!」と言う意味もあります。

また、のし袋の右上にあるのし包みの事を「のし(熨斗)」といい、「熨斗鮑(のしあわび)」の略です。

日本では昔から、贈り物には酒肴を添える風習があり、生物を必ず付けたわけですが、それが次第に簡素化され、スルメや熨斗鮑が付けられるようになったわけです。

熨斗鮑は、アワビの内臓をとり、リンゴの皮をむくように薄くむいで、伸ばして、干したものです。

熨斗鮑は古くから神様にお供えしたり、縁起物として重宝されていたわけですが、印刷技術の発達に伴い、印刷された熨斗や、黄色い紙片の代用品で使用されることが多くなりました。

但し、魚介類を贈る際には熨斗はつけません。
なぜなら、熨斗鮑は生臭い匂いがあるので、魚介類にさらに熨斗を付けたら、生臭さが二重になるからです。仏教の弔事では、生物を立ちますので、基本的には弔事に熨斗は使用しません。

表書きの字は、慶事は濃く、弔事は薄く書くのがお勧めです。
そして、祝儀袋にせよ不祝儀袋にせよ、むき出しのままポケットやカバンやバッグに入れないで、袱紗(ふくさ)に入れ、渡す時にはそれなりの口上を述べ、袱紗から袋を取り出し、表書きを相手に向けて、直接両手で、胸の高さ位から渡します。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

23

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ