コラム

 公開日: 2014-02-01 

マナーうんちく話671《青春とは心の様相である》

「1月はいぬる、二月は逃げる」と言いますが、最近特に月日がたつのが早くなった気がしますが如何でしょうか?

ところで、2月は旧暦で「如月(きさらぎ)」と表現しますが、この意味は草木の芽が生えいずる頃と言う意味です。

また、草木の芽が生えいずる頃だけど、まだ大変寒く、衣服を更に着なければならないという意味の「衣更着(きさらぎ)」とも書きます。

重ね着をしながら寒さに耐える頃ですが、確実に春の足音が聞こえて来る時ですね。理想を持って前向きに歩んで参りたいものです。

ところで以前にもお話ししましたが、中国では四季を色で分類していました。
それによると、春は新緑の季節ですから「青色」、夏は太陽の色である「赤色」、秋は収穫を終えた後の色である「白色」、そして冬は空の雲が黒くなるので「黒色」となります。

この色はしばし人生にも例えられます。
春の青色は人生で言えば「青春」そのものです。

新緑が萌えいずる頃は躍動の季節で、ワクワク、浮き浮きします。
そして、青春と言う言葉は大変エネルギッシュで、前向きの気持ちが漂います。

「青春とは、人生のある期間を言うのではなく、心の様相をいうのだ。優れた想像力、逞しき意思、炎える情熱、・・・。」

そして、「人は年を重ねただけでは老いない。理想を失った時に初めて老い始める。」という内容のアメリカの文人サミュエル・ウルマンの詩があります。

第2次大戦終了後に日本にやって来たマッカーサー元帥や松下幸之助を始め、偉大な人が座右の銘にした名言だけあって心に響く言葉で、日本でも多くの人に今なお親しまれているのではないでしょうか。

早い話、「人は理想を持ち続ける限りは何時までも青春でいられる」というわけですね。

自然の四季は同じように移ろい、青色⇒赤色⇒白色⇒黒色となびいていくわけですが、人の移ろいは必ずしもこの方式通りではなく、個人差が激しく、万年青春の人もいれば、青春はわずかの期間で、いきなり黒色になる人もいるかもしれませんね。

この「青春の詩」は、サミュエル・ウルマンが70歳代の頃に作った詩だと言われていますから、今から約100年前でしょうか。

当時の平均寿命はせいぜい50歳前後でしょうから、平均寿命が80歳を超えている現代人はなおさら、心の様相を整えなければいけませんね。

特に高齢者の特徴は個人差が大きいと言うことです。
概ね65歳以上が高齢者と呼ばれているようですが、65歳で現役の人もいれば、認知症で介護の世話を受けたり、病気になっている人もいます。

学校を卒業して社会人になってからの、一日一日の積み重ねが、ある年齢に達する頃には、大きく状況が変化すると言うことです。

日々の生活習慣を大切にしつつ、自分なりの理想を持ち続け、人生を前向きに歩んで頂きたいと思います。

但し、人生を四季に例えるとしたら、何も春、即ち青春時代が一番幸せとは限りません。

若い頃に苦労して、中年になり真っ赤な花が咲く時が来るかもしれません。
また、その花が実を付けて収穫の喜びがやってくる場合も大いにありえます。

花が実を付ける秋は白色ですが、白の秋、つまり「白秋」は人生で言えば熟年世代とでもいいましょうか、私自身も丁度この時期ではないかと思っています。

ちなみに「白秋」と言えば、「北原白秋」を思い浮かべる人も多いと思いますが、まさにここから付けられた名前だそうです。

白秋のようにはいかないにせよ、素敵なマナーで、次世代に美しい花を咲かせる種をキチンと残しておきたいと思っています。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ