コラム

 公開日: 2014-01-19 

マナーうんちく話663《志ある者は事ついに成る》

寒い日が続いておりますが、僅かに日が長くなってきた気がしませんか?
都市部に住んでいる人は目に触れる機会が無いかもしれませんが、この時期になると間もなく「フキノトウ」が現れる頃で楽しみな季節です。

フキは日本原産で野や山や人里等どこでも見られますが、雪の合間から、チョコッと顔を出している姿を見ると、逞しい生命力や春の息吹が感じられ、とても嬉しくなり、何かいい事起こりそうな気持になります。

長い冬をひたすら耐えて春の訪れを待ち続けた昔の人にとって、若菜やフキノトウを摘むことは、この上ない喜びだった事でしょうね。

フキの花茎を「フキノトウ」と呼び、間もなく小さな可憐な花をつけますが、食べて美味しいのは、まだ花が開かないで、包葉に包まれた若い蕾(つぼみ)です。

焼いたり茹でたり天婦羅にして食べると、何とも言えないホロ苦さを感じる、まさに早春の美味です。

だからフキノトウは「春の使者」とも言われております。
凍るように冷たい土の中でも、春に向けての準備が滞りなく進んでいるということです。

そして、最近ではすっかり、口にしたり耳にしたり目にしたりすることが無くなりましたが、1月20日は、正月気分を一掃する「二十日正月(はつかしょうがつ)」です。
餅花やまゆ玉のような餅の飾り物も20日までです。

また、正月料理や正月用の保存食を、魚の骨に至るまで全て食べつくす「骨正月」とも言われます。

元旦が「男正月」で、1月15日が「女正月」、そして1月20日は「二十日正月」、もしくは「骨正月」になり、これにて正月の気分も飾りも食べ物も一掃されます。
自然からの恵みに感謝の意を込めた、日本ならではの風習で、個人的には、西洋の風習をむやみやたらに取り入れるより、このような日本人の生活に密着した日本古来の風習を、大切に残す方が大切だと思っています。

そして正月の祝い納めとして食す魚がブリです。ブリは成長期、つまり大きさにより、名称がハマチとかブリに変化する出世魚として江戸時代から大変重宝され、全国各地の食文化とも密接に関わっていますが今が旬です。


ところで、20日で正月気分も終わり、本格的に物事を進める時ですが、新年の初めに立てられた計画を再認識するのもお勧めです。

「志しある者は事竟になる(こころざしあるものはことついになる)」と言う言葉が中国に有ります。

しかし、ブリのように順調に登りつめていくにはそれなりの手法が必要です。
具体的には、明確な目的を持って志を立てたら、次に、それを成し遂げる強い決意が必要だと言うことです。明確な目的と強い意志、つまり「やる気」が有れば何事も可能になると言うことですね。

日本では武田信玄が詠んだ「為せば成る、為させば成なむ・・・」が有名ですが、他にも「意志有れば通ず」とか、「思う念力岩をも通す」と言う言葉もおなじみですね。

ブリのように出世を希望するか、ささやかな幸せを願うかは10人10色だと思いますが、いずれにせよ、世界一長寿の国において、長い人生を、計画を立てて過ごすことはとても大切だと思います。
加えて、折角立てた目標で有れば、三日坊主にせずに、諦めないことが大切ですね。

フキは蕾の時には美味ですが、やがて成長して大きくなると硬くて食べられなくなります。盛りが過ぎ食べられなくなった状態を「薹が立つ」と言います。

人間で言えば年頃を過ぎると言うことです。計画は年頃を過ぎる前に立てることが大切です。つまり時期を逃さないことです。

それでは、既に薹が立っている人はどうか?と言えば、ご安心ください。
食用には不向きでも、美しく咲いて、目を楽しませる方法も有ります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1388《健康は自分自身に贈る最良で最大のプレゼント》

「一年の計は元旦にあり」と言われますが、今年こそはと新たな目標を定められた方も多いと思います。中でも禁...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ