コラム

 公開日: 2014-01-16 

マナーうんちく話661≪冠婚葬祭マナー1、「はじめに」≫

1945年に日本は敗戦国になり、悲惨な戦争に終止符を打ったわけですが、敗戦後の混乱期は想像を絶する事が多々あった事でしょう。

物質的な貧しさは勿論の事、平均寿命も恐らく先進国では最低レベルだったと思います。

しかし、本来勤勉だった日本人は手をこまねいていたわけではありません。
復興を目指して、それこそ、なりふり構わず働き、経済を立て直し、物質的豊かさを手に入れると共に、豊かな食生活まで実現しました。

その結果「経済大国」「飽食の国」、さらに「長寿国」になり、世界各国から驚きの目で見られるようになりました。

加えて、大学の数も急激に増え、高等教育を受ける機会が大幅に増え、民主主義が発達し、結婚や職業等における選択肢も増え、戦時中とは比較にならないほど何もかも豊かになってきました。

「衣食足りて礼節を知る」と言う言葉があります。
自分自身が肉体的にも精神的にも恵まれて来ると、「他者に対する思いやりの心」が芽生えてきます。

今まで、復興を目標に、がむしゃらに頑張ってきたわけですが、ある程度物質的にも精神的にも豊かになってくると、改めてマナーに対する認識が高まってきます。

西洋諸国に追いつけ、追い越せと、一心不乱に頑張ってきて、それなりの成果を出し、改めて振り返って見ると、日本には、西洋諸国に勝るとも劣らない、多様な文化や礼儀作法が存在した事に気が付くわけですね。

世界屈指の長い歴史を誇る日本は、稲作を中心に栄えましたが、稲作を作る過程で、自然と共生することの大切さや和の心を確立させました。

また、縄文時代や弥生時代には殆ど争いが見られないそうです。
加えて、平安時代や江戸時代のように、政権が200年から400年以上続いた国は日本以外に前例がありません。

そんな平和な社会背景から生まれた日本の礼儀作法の最大の特徴は、思いやりの心が基本です。

戦争に明け暮れた歴史の中から生まれた西洋のマナーには、危機管理的要素が多々ありますが、思いやりの心を中心とした日本の礼儀作法の基本理念は、地球の環境保全や世界平和に、大きく貢献できると信じて疑いません。

そして、これらの思いやりの心をベースにした「しきたり」は、今でも人生の最も大きな儀礼である「冠婚葬祭」の中に脈々と生き続けています。

さらに、マナーには不易流行的な側面があります。
長い間、風雪に耐え受け継がれてきた「しきたり」の他に、明治維新以降に欧米諸国から入って来た新しいマナーや、最近急速に発展した国際化や情報化時代に対応する最新のマナーも誕生しました。

人は一人で生きていくことはできません。
家庭・地域・学校・職場・社会と常に生活の場が繰り広げられていますが、その中で展開されるライフスタイルには様々な事がまつわりついています。

従って、老いも若きも、イザと言う時に言う時に、どのように振る舞えばよいか、不安や心配を抱えている人は多々います。

子育てや指導的立場にある人が、子どもや部下にどのように教えたらよいのか迷っている人も多いと思います。古くから伝わる良きしきたり、新たに生まれたしきたり等を、TPOに応じて上手に取り入れることが大切になってきます。

ちなみに古くから伝わる「しきたり」は早い話し、先人が思いやりの心を態度・言葉・文章で具体的に表現するために残してくれた、よりよく生活するための知恵です。

だから、それらを理解しているのと、そうでないのでは雲泥の差があります。
「恥をかかないために」というより、「いかに他者に思いやりが発揮できるか」、そこに価値を置いて、冠婚葬祭を捉えて頂ければ嬉しいです。
次回に続きます。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ