コラム

 公開日: 2014-01-11 

マナーうんちく話658≪開運、長寿、家族円満を願っての鏡開き≫

日本は南北に細長く、しかも四季の移ろいが一様ではないので、数多くある年中行事も、開催日や内容が地域により様々です。

1月11日は、年神様にお供えした鏡餅を下げて皆で頂く「鏡開き」です。

本来は1月20日の行事だったそうですが、徳川家光が1月20日に亡くなったので、1月11日に変更されたと言われていますが、地域により異なるケースも多々あります。

ちなみに、「鏡開き」には、先人の開運、長寿、家族円満等様々な思いが込められています。

ところで、鏡餅は12月の26日から28日頃にかけて飾るわけですが、それが1月11日頃になるとかなり固くなります。

その固くなった餅を、木槌や金づちで叩いて細かくしなければいけませんが、その際、「切る」「砕く」「割る」等と表現してはいけません。

なぜなら、武士が「割る」「切る」の言葉をとても嫌がったからです。
加えて、神様とのご縁を切らないため「切る」と言う言葉を慎むという意味もあります。

さらに、「運を開く」と言う意味で「鏡開き」と表現します。

また、丸い形の餅は、満月や家族円満に繋がるとされており、正月を始め、一年の「ハレの日」には縁起物の特別な食べ物として重宝されていたわけです。

ちなみに「ハレ(晴)」とは、「晴れ舞台」とか「晴れ着」とかと言われるように、心が浮き浮きしている状態を意味します。

つまり正月・結婚式・入学式・成人式のような非日常的な祝祭的な時間や空間を言い、明治から昭和にかけて活躍された民族学者、柳田國男により示された概念です。

そして、晴れの日には、晴れ着を着て、お餅や赤飯等の特別なご馳走を食べるわけです。

昨年は、和食がユネスコの無形文化遺産に登録されましたが、和食と米は切っても切れない関係です。

今では、日本は世界一「飽食の国」になり、好きな時に、好きな物が腹一杯食べられるようになり、米や餅や赤飯も、昔ほどありがたく無くなりました。

しかし、米は「銀シャリ」といわれるように、昔の人にとっては大変貴重な食べ物だったわけで、一般庶民が白米を食べる事が出来るのは、それこそ盆と正月くらいだったようです。

勿論、日本は稲作を中心とした農耕文化で栄えた国で、古くは弥生の頃から米を作っていましたが、口に入るのは特別階級の人だけで、商品的価値の方が高かったわけですね。

つまり、米は生活の糧として、命がけで作るが、日常で食べるのは、麦や泡や稗や芋などです。

そんな貴重な米を使って、餅やお萩や牡丹餅を作り、正月や盆や彼岸になれば、ご先祖様にお供えしていたわけですから、日本人がいかにご祖先様を大切に思ってきたかが伺えます。

「鏡開き」と言う言葉は、先人がご祖先様と縁を保つために、あえてこのように表現したわけですから、職場や家庭でも注意して使用して下さいね。

「鏡割り」ではなく「鏡開き」ということです。

また、固くなった鏡餅を頂く事を「歯固め」と言います。
歯の大切さは申すまでも無いですが、昔は固い物を食べ、歯を丈夫にして長寿を神様にお願いしたわけです。

今日はお供えした鏡餅を下げて、ぜんざいや雑煮を作って食べられる方も多いと思いますが、この一年、家族円満、健康、そしていい事が沢山有ればいいですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1577《勧善懲悪とマナー》

前回赤穂浪士に触れましたが、それに匹敵するくらいミリオンセラーになったのが水戸黄門ではないでしょうか。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1573《品格がにじみ出る忘年会での振る舞い。好感のもたれる立ち居振る舞いとは》

今回は忘年会で、参加者としてどのように振舞えば良いのか?について触れておきます。忘年会は、いろいろな面...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ